トランスファーワイズ、オーストラリアから日本、日本からオーストラリアへの送金にオススメ!ワーホリ帰りの両替にも便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


スポンサーリンク




日本⇄オーストラリアへの海外送金!

英国からこんばんは。

パバン(仲谷)めいです。
わたしはイタリア人男性と国際結婚し、現在ハーフイタリアンの息子を子育て中です。

今回はトランスファーワイズ、オーストラリアから日本、日本からオーストラリアへの送金にオススメ!ワーホリ帰りの両替にも便利!についてです。


➡︎ TransferWise 500GBP相当の送金手数料を無料にする招待コードを受け取る

ワーホリ帰りの両替にも便利!

めい
今回は海外送金に便利な方法をお伝えします!

わたしはオーストラリアでワーキングホリデーを1年間経験して、シドニーで出会った彼と国際結婚して現在は英国に移住しました。

いつも日本(円)からイギリス(ポンド)でトランスファーワイズを使っています。

トランスファーワイズ(TWと略させて頂きます)で、これまで100万円以上送金しましたが、毎回スムーズに送金できています。

(今回は自分が住んでいたオーストラリアをタイトルに入れましたが、トランスファーワイズはアメリカでもカナダでもイギリスでも、タイでもベトナムでもほとんどの国に対応しています)

今回はこちらの質問に答えてみようと思います。

Kさん
もうすぐワーキングホリデーが終わります。オーストラリアではコモンウェルス銀行で口座を作っていましたが、大きな金額を入れていないと毎月の手数料が必要になってしまいます

メルボルンに住んでいるのですが、日本に帰る前にオーストラリアの西にも行きたくてパースへ何日か行くことも考えています。そう考えるとあまり大金を持ち歩きたくないのですが、帰国する前に銀行を閉じてお金を全部引き出したいです。めいさんはワーホリの帰りにオーストラリアドルをどうされていましたか?

めい
飛行機に乗るときにあまり大きな金額を持ち歩きたくない気持ち、よくわかります!

わたしもワーホリのときにシドニーでコモンウェルス銀行の口座を開設しました。

わたしの場合、セカンドビザを持っていたので、オーストラリアに戻ると思っていたので、そのままお金を置いて日本に戻りました。

Kさんの場合は普通に日本の口座に送金したら良いと思います。

もしも、送金手数料が多くかかるのならば、トランスファーワイズを利用してみてはどうでしょうか?

当時は便利なサービスを知らなかったのですが、今のKさんの立場ならばトランスファーワイズを利用してオーストラリアドルを日本円に海外送金します。

めい
コチラ→ の招待リンクから登録したら£500の送金に必要な手数料が無料になりますよ!

 

続いての質問はこちら

 

Rさん
日本でオーストラリアの銀行口座を閉じたいです。オーストラリアに戻る予定だったので、一時帰国のつもりで口座に日本円で30万円くらいを入れたままの状態です。口座を閉じるためにもオーストラリアドルを引き出すためには、現地に戻って口座を閉じないとできないのでしょうか?
めい
わたしはオーストラリアに戻らないで口座の預金を送金してから口座を閉じましたよ。

まず、オーストラリアでどこの銀行口座を開設したかにもよりますが、日本に支店がある銀行ならばそこに問い合わせてみるのも良いかもしれませんね。

わたしはワーホリのときにシドニーでコモンウェルス銀行の口座を開設しましたが、口座を閉じる時はオーストラリアに国際電話をして問い合わせました。

わたしもRさんと全く同じ状況です。

わたしの場合、セカンドビザを持っていたので、オーストラリアに戻ると思っていたのでそのままお金を置いて日本に戻りました。

もしも、送金手数料が多くかかるのならば、トランスファーワイズを利用してみてはどうでしょうか?

わたしはオーストラリアの銀行の口座を閉鎖した時にはまだトランスファーワイズに出会っていなかったので、預金残高からかなり引かれてしまいました。

その理由の一つにオーストラリアでは利子が大きいですが、それはオーストラリア在住の場合のみなんです。

もしもオーストラリアで住所がなくて、オーストラリアの口座から違う国の口座に移す場合はすごく手数料が引かれて振り込みされていました。

当時は便利なサービスを知らなかったのですが、今のRさんの立場ならばトランスファーワイズを利用してオーストラリアドルを日本円に海外送金します。

めい
コチラ→ の招待リンクから登録したら£500の送金に必要な手数料が無料になりますよ!

銀行使用料をオーストラリアドルで払うんだけど、海外から支払うと手数料15ドルがかかる話はこちら

続いての質問はこちら

Aさん
ブリスベンに海外留学している家族に日本でインターネットからオーストラリアの銀行に送金することもできますか?
めい
できますよ!
Aさん
日本円を送ったらオーストラリアドルに両替してもらえるんですよね?利用方法は簡単ですか?

はい、日本円を送ったらオーストラリアドルに両替されてご家族のオーストリアの口座にオーストラリアドルで送金されていますよ。送金されたら最初に登録したメールアドレスに連絡が来ますよ。利用方法は簡単です。

為替レート保証もついているので、安心して送金できます。

下記の公式サイトに必要事項を入力してお振込をすれば完了です!

TransferWise(トランスファーワイズ)

https://transferwise.com/

オーストラリアの銀行口座はオンラインで簡単に振り込み日本の銀行、またはゆうちょに送金インターネットバンキングでなくても、海外送金したいお金を一時帰国した時に日本のATMから振り込むことができますよ。

トランスファーワイズ(TWと略させて頂きます)は、ネットバンキングではなくて振込です。

つまり、日本の銀行から日本のTWに振り込んで、TWが日米間の送金を自社同士で行い、米国のTWが米国の銀行に送る、という仕組みです。

なのでどこの銀行から送金しても全く問題ないはずです。私も使いましたが便利ですよ。

実際にわたしが使っている様子

わたしの場合は前まではオーストラリアのシドニーに住んでいたのですが、今はイギリスなので日本円とイギリスの通貨であるポンドのやりとりですが、このように送金したい金額を入力して送金しています。

🔺これは夫に生活費を送金した時なのですが、夫側にも送金された通知も届きますし送金した自分にもこのようにいつ着金予定か最初に登録したメールアドレスに連絡が届きます。

ここでお知らせ!!

£500の送金に必要な手数料が無料になる方法!

めい
わたしも友人から招待リンクを送ってもらえばよかったな…とちょっと後悔したので、コチラ貼っておきますので必要ならば利用してください。


➡︎ TransferWise 500GBP相当の送金手数料を無料にする招待コードを受け取る

破格で海外送金ができる理由は?


なんと!

TransferWiseの開発者は

skypeを開発した方々なのです!!

このTransferWiseの開発者は skype を開発した方々で、海外送金はなんて高いんだ!と言うご自身のフラストレーションから生まれたサービスになります。

なぜ安く海外送金できるのか?と言う仕組みの話ですが、TransferWiseは世界各国の銀行に口座を持っているからです。
つまり、海外送金したい同士をマッチングして、国内送金に変えているのです。

ここから

このようにマッチングさせているんです!

TransferWise は、2011年1月にクリスト・カーマン (Kristo Käärmann) とターヴェット・ ヒンリクス (Taavet Hinrikus) が創業したP2P送金サービスで、ロンドンが本拠地です。

ニューヨーク、シドニー、シンガポール、タリン、エストニアなど8箇所に事務所を構え、利用者数は100万人を超えています!

このような理由から
手数料は銀行送金の10分の1以下!!!

銀行だと5千円かかる手数料が300円くらいで送金ができます!
本当に安いです!

もっと詳しくTransferWiseの手数料が安い理由を知りたい場合はこちらの記事でイラスト付きで解説しています。

https://london-mei.com/transferwise-jpy/

【仕組み解説】なぜトランスファーワイズ(TransferWise)は手数料が安く海外送金ができる?理由をイラストで解説!

£500の送金に必要な手数料が無料になる方法!

わたしも友人から招待リンクを送ってもらえばよかったな…とちょっと後悔したので、コチラ貼っておきますので必要ならば利用してください。


➡︎ TransferWise 500GBP相当の送金手数料を無料にする招待コードを受け取る

【よくある質問】マイナンバーなしで登録できる?

わたしはマイナンバーを持っていませんが、車の運転免許証で登録できました。

わたしはロンドンでマイナンバーなしで登録し、日本の住所に届いたコードを親が受け取ってくれて、それを入力して作業しました。

結構、簡単にできました。

一度、日本の住所に届いたコードさえ入力して作業が完了したらそのあとはコードを入力しなくても大丈夫ですので、今月だけでわたしは2回もTWで送金しました。

本当に便利です。

TransferWiseのマイナンバーなしでの登録については下記にまとめていますのでよかったらこちらをどうぞ。
https://london-mei.com/transferwiseマイナンバーや住民票なし/

破格で海外送金ができるTransferWise(トランスファーワイズ)は、マイナンバーや住民票がなくても登録できる!

TransferWiseで送金可能な通貨

送金(仕向送金)および受取(被仕向送金)の両方が可能な通貨

AUD – オーストラリア・ドル – オーストラリア国内振込での送金、受取を行っています。​

EUR – ユーロ – TransferWiseはSEPA(単一ユーロ決済圏内)*のユーロ送金および受取を行っています。

*ギリシャからの送金のみ、1か月間の送金上限額が定められています。
上限額が€500から€1000へ変更されましたが、
全ての銀行でこの変更が行われていない可能性があります。
また、弊社への送金は銀行振り込みでのみお受け付けしています。

GBP – 英ポンド – 英国内(ジブラルタル、チャンネル諸島及びマン島を含む)

HKD – 香港ドル – 香港国内​

HRK – クロアチア・クーナ – クロアチア国内​

USD – 米ドル – 米国にあるTransferWiseのチェッキング・アカウントへのみ送金可能です。ACHバンクデビット、ドメスティック・ワイヤ、又は国際SWIFT送金で送金して頂けます。

CHF – スイス・フラン – スイス及びリヒテンシュタイン内

CAD – カナダ・ドル – カナダ国内。$5000を超える送金はSWIFTになります。

PLN – ポーランド・ズロチ – ポーランド国内

SEK – スウェーデン・クローナ – スウェーデン国内

TRY – トルコ・リラ – トルコ及び北キプロス内(但しIBANがTRで始まっていること)​

NOK – ノルウェー・クローネ – ノルウェー国内

DKK – デンマーク・クローネ – デンマーク国内

HUF – ハンガリー・フォリント – ハンガリー国内

JPY – 日本円 – 日本国内

CZK – チェコ・クローナ – チェコ共和国内

BGN – ブルガリア・レフ – ブルガリア国内

RON – ルーマニア・レイ – ルーマニア国内

NZD – ニュージーランド・ドル – ニュージーランド国内

BRL – ブラジル・レアル – ブラジル国内。TransferWiseは現在、個人間での送金のみ取り扱っており、法人送金は受付していません

SGD – シンガポール・ドル – シンガポール国内

TransferWiseが送金のみ可能な通貨

ARS – アルゼンチン・ペソ – アルゼンチン国内​

CLP – チリ・ペソ – チリ国内​​

MYR – マレーシア・リンギット – マレーシア国内

NGN – ナイジェリア・ナイラ – ナイジェリア国内

NPR – ネパール・ルピー – ネパール国内​

PEN – ペルー・ソル – ペルー国内

PHP – フィリピン・ペソ – フィリピン国内

PKR – パキスタン・ルピー – パキスタン国内の個人へのみ送金可能です。法人への送金は現在承ることが出来ません。

MAD – モロッコ・ディルハム – モロッコ国内

THB – タイ・バーツ – タイ国内

AED – エミレーツ・ディルハム – アラブ首長国連邦内

UAH – ウクライナ・フリヴニャ – ウクライナ国内

IDR – インドネシア・ルピア – インドネシア国内

INR – インド・ルピー – RTGS、NEFT、TPTで、かつインド国内にある口座へのみ送金可能です。

ILS – イスラエル・シェケル – イスラエル国内​

KES – ケニア・シリング – ケニア国内

COP – コロンビア・ペソ – コロンビア国内 – ただいま新規にご登録頂いたお客様へ、コロンビアへの送金を停止しています。こちらから希望の通貨を選択することで、サービス開始の際に通知を受け取れます。

EGP – エジプト・ポンド – エジプト国内​​

GEL – ジョージア・ラリ – ジョージア国内

GHS – ガーナ・セディ – ガーナ国内​

MXN – メキシコ・ペソ – メキシコ国内

RUB – ロシア・ルーブル – ロシア国内(EUの規制によりセヴァストポリ及びクリミアを除く)

KRW – 韓国ウォン – 韓国内(パートナー銀行との取り決めにより、ただいま新規にご登録頂いたお客様へ、韓国への送金を一時的に停止しています。現在までにご利用頂いていたお客様へは影響しませんが、今度新規に韓国ウォンへの送金を行うご予定のお客様は、送金再開まで今しばらくお待ちください。)

KES – ケニア・シリング – ケニア国内

CNY – 中国元 – 中国国内(こちらのリスト内の国からのみ)

LKR – スリランカ・ルピー – スリランカ国内

BDT – バングラデシュ・タカ – バングラデシュ国内

VND – ベトナム・ドン – ベトナム国内

£500の送金に必要な手数料が無料になる方法!

わたしも友人から招待リンクを送ってもらえばよかったな…とちょっと後悔したので、コチラ貼っておきますので必要ならば利用してください。


➡︎ TransferWise 500GBP相当の送金手数料を無料にする招待コードを受け取る

関連記事

https://london-mei.com/transferwise/

新生銀行の海外ATMでお金を下ろせなくなったのでTransferWise海外送金!20万円の手数料は1436円だった!

https://london-mei.com/イギリスから日本-海外送金手数料を安くする方法/

【口座開設のやり方を解説】海外送金が安いトランスファー ワイズ(TransferWise)ジャパンの使い方と仕組みとは?

https://london-mei.com/新生銀行-キャッシュパスポート/

新生銀行もキャッシュパスポートもイギリスのATMから手数料4%!TransferWise海外送金は破格の0.5%でお得

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ グーグルアドセンスを少し知るだけで収入がグンとアップ!⇨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

『LINE@』無料講座

英国在住の国際結婚コンサルタント『LINE@』をフォローすると無料講座とメールレターが届きます!

『LINE@』をフォローで【無料講座】をプレゼント中!

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 https://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

inポイント
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る