新生銀行の海外ATMでお金を下ろせなくなったのでTransferWise海外送金!20万円の手数料は1436円だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


↑実際、本日取引した時のスクリーンショット(2019年3月8日)

新生銀行の海外ATMでお金を下ろせなくなった!

ロンドンからこんばんは。

パバンめいです。
わたしはイタリア人男性と国際結婚し、現在ハーフイタリアンの息子を子育て中です。
今回は、新生銀行の海外ATMでお金を下ろせなくなったので、TransferWiseで海外送金!についてです。

♡人気記事♡


❤イタリア人の夫とワーキングホリデーがきっかけで出会った時の話とイタリア人男性の出会い方について→


スポンサーリンク







TransferWiseで海外送金!


昨年の年末あたりから新生銀行の海外ATMで日本円が引き落とせなくなりました。
新生銀行のGAIKAという新しいカードを発行してもらえば、また海外のATMでも引き出し可能なのですが、マイナンバーが必要になります。
海外在住の場合、住民票がないのでマイナンバーが持てません。
イギリスからイタリアに行く時など、ユーロを新生銀行のカードで降ろしていましたができなくなりました。
最近は、イギリスの銀行に日本円を海外送金をしています。

TransferWiseなら20万円でも送金手数料は1436円!


↑実際、本日取引した時のスクリーンショット(2019年3月8日)
20万円でも送金手数料は1436円と安いです。
新生銀行での引き出しが出来なくなって、日本円をどうやって引き出したら良いかと思っていたから、TransferWiseの存在は有り難いです。
これからも愛用間違いなしです。
ちなみに、新生銀行のATM引き出しはタイでもイタリアでもイギリスでも愛用していました。
オーストラリアでも使ったような…
とにかく本当に有り難い存在でした。
今まで一度も海外のATMでトラブルもなく、きちんと引き出せていました!
インドに旅行に行った友人は、インドのATMが壊れていたのかカードが出てこなくなったと言っていました。
わたしが訪れた場所は恵まれていたのかもしれません^^
これからは、日本円の引き出しはTransferWiseを愛用すると思います。

破格で海外送金ができる理由は?


なんと!

TransferWiseの開発者は

skypeを開発した方々なのです!!

このTransferWiseの開発者は skype を開発した方々で、海外送金はなんて高いんだ!と言うご自身のフラストレーションから生まれたサービスになります。

なぜ安く海外送金できるのか?と言う仕組みの話ですが、TransferWiseは世界各国の銀行に口座を持っているからです。
つまり、海外送金したい同士をマッチングして、国内送金に変えているのです。

TransferWise は、2011年1月にクリスト・カーマン (Kristo Käärmann) とターヴェット・ ヒンリクス (Taavet Hinrikus) が創業したP2P送金サービスで、ロンドンが本拠地です。

ニューヨーク、シドニー、シンガポール、タリン、エストニアなど8箇所に事務所を構え、利用者数は100万人を超えています!

このような理由から
手数料は銀行送金の10分の1以下!!!

銀行だと5千円かかる手数料が300円くらいで送金ができます!
本当に安いです!

ここでお知らせ!!

わたしのコチラ→ のご招待リンクから登録したら、あなたは、£500の送金に必要な手数料が無料となります。

わたしも友人から招待リンクを送ってもらえばよかったな…とちょっと後悔したので、コチラ貼っておきますので必要ならば利用してくださいませ!

TransferWiseで送金可能な通貨

送金(仕向送金)および受取(被仕向送金)の両方が可能な通貨

AUD – オーストラリア・ドル – オーストラリア国内振込での送金、受取を行っています。​

EUR – ユーロ – TransferWiseはSEPA(単一ユーロ決済圏内)*のユーロ送金および受取を行っています。

*ギリシャからの送金のみ、1か月間の送金上限額が定められています。
上限額が€500から€1000へ変更されましたが、
全ての銀行でこの変更が行われていない可能性があります。
また、弊社への送金は銀行振り込みでのみお受け付けしています。

GBP – 英ポンド – 英国内(ジブラルタル、チャンネル諸島及びマン島を含む)

HKD – 香港ドル – 香港国内​

HRK – クロアチア・クーナ – クロアチア国内​

USD – 米ドル – 米国にあるTransferWiseのチェッキング・アカウントへのみ送金可能です。ACHバンクデビット、ドメスティック・ワイヤ、又は国際SWIFT送金で送金して頂けます。

CHF – スイス・フラン – スイス及びリヒテンシュタイン内

CAD – カナダ・ドル – カナダ国内。$5000を超える送金はSWIFTになります。

PLN – ポーランド・ズロチ – ポーランド国内

SEK – スウェーデン・クローナ – スウェーデン国内

TRY – トルコ・リラ – トルコ及び北キプロス内(但しIBANがTRで始まっていること)​

NOK – ノルウェー・クローネ – ノルウェー国内

DKK – デンマーク・クローネ – デンマーク国内

HUF – ハンガリー・フォリント – ハンガリー国内

JPY – 日本円 – 日本国内

CZK – チェコ・クローナ – チェコ共和国内

BGN – ブルガリア・レフ – ブルガリア国内

RON – ルーマニア・レイ – ルーマニア国内

NZD – ニュージーランド・ドル – ニュージーランド国内

BRL – ブラジル・レアル – ブラジル国内。TransferWiseは現在、個人間での送金のみ取り扱っており、法人送金は受付していません

SGD – シンガポール・ドル – シンガポール国内

TransferWiseが送金のみ可能な通貨

ARS – アルゼンチン・ペソ – アルゼンチン国内​

CLP – チリ・ペソ – チリ国内​​

MYR – マレーシア・リンギット – マレーシア国内

NGN – ナイジェリア・ナイラ – ナイジェリア国内

NPR – ネパール・ルピー – ネパール国内​

PEN – ペルー・ソル – ペルー国内

PHP – フィリピン・ペソ – フィリピン国内

PKR – パキスタン・ルピー – パキスタン国内の個人へのみ送金可能です。法人への送金は現在承ることが出来ません。

MAD – モロッコ・ディルハム – モロッコ国内

THB – タイ・バーツ – タイ国内

AED – エミレーツ・ディルハム – アラブ首長国連邦内

UAH – ウクライナ・フリヴニャ – ウクライナ国内

IDR – インドネシア・ルピア – インドネシア国内

INR – インド・ルピー – RTGS、NEFT、TPTで、かつインド国内にある口座へのみ送金可能です。

ILS – イスラエル・シェケル – イスラエル国内​

KES – ケニア・シリング – ケニア国内

COP – コロンビア・ペソ – コロンビア国内 – ただいま新規にご登録頂いたお客様へ、コロンビアへの送金を停止しています。こちらから希望の通貨を選択することで、サービス開始の際に通知を受け取れます。

EGP – エジプト・ポンド – エジプト国内​​

GEL – ジョージア・ラリ – ジョージア国内

GHS – ガーナ・セディ – ガーナ国内​

MXN – メキシコ・ペソ – メキシコ国内

RUB – ロシア・ルーブル – ロシア国内(EUの規制によりセヴァストポリ及びクリミアを除く)

KRW – 韓国ウォン – 韓国内(パートナー銀行との取り決めにより、ただいま新規にご登録頂いたお客様へ、韓国への送金を一時的に停止しています。現在までにご利用頂いていたお客様へは影響しませんが、今度新規に韓国ウォンへの送金を行うご予定のお客様は、送金再開まで今しばらくお待ちください。)

KES – ケニア・シリング – ケニア国内

CNY – 中国元 – 中国国内(こちらのリスト内の国からのみ)

LKR – スリランカ・ルピー – スリランカ国内

BDT – バングラデシュ・タカ – バングラデシュ国内

VND – ベトナム・ドン – ベトナム国内

TransferWiseはマイナンバーや住民票がなくても登録できた!

TransferWiseは、マイナンバーや住民票がなくても今のところ登録できます!
現時点(2019年3月)では住民票やマイナンバーは必要無いですが、今後どうなるかはわからないです。
住民票がある方ならば良いですが、基本的に海外在住の方は住民票を抜いていると思いますので、本当にありがたいです。
似たような海外送金サービスは他にもあるみたいですが、そちらは英語なのです。
TransferWiseは日本語対応をしていますから、やっぱりお金を送る作業だから、日本語で安心して送金したいという方にオススメです。
今後TransferWiseもマイナンバー必須になる可能性もあります。

£500の送金に必要な手数料が無料になる!

めい

わたしのコチラ→ のご招待リンクから登録したらお得になります!あなたは、£500の送金に必要な手数料が無料となります。

わたしも友人から招待リンクを送ってもらえばよかったな…とちょっと後悔したので必要ならば利用してくださいませ!

関連記事

https://london-mei.com/transferwiseマイナンバーや住民票なし/

破格で海外送金ができるTransferWise(トランスファーワイズ)は、マイナンバーや住民票がなくても登録できる!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

著書


0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

KindleのことがわからないからPDFで読みたい!と言う方へ

こちらはKindleのアプリ不要!

スマホからでもパソコンからでもラクラク読める!!

本の内容がPDF化されました!

こちらから購入できます!
3万7千文字PDF!出版する為のノウハウを教えます 本を商業出版したい方、書店に並ぶ本のノウハウを知りたい方!

paypalで購入出来るようになりました!

paypalで《ゼロからはじめる商業出版》PDF本が購入できます!
500円下記にてお振込みしていただけましたら、後ほど
・PDF
・オンラインで見れる購入者限定ページ
をお渡し致します。

Paypalでのご購入は こちら

この人、どうやって書店に並ぶ本を出版したんだろう?と気になる人は、ワンコインで情報GETしてみてください^_^
購入者限定で、出版ができる企画書を送る場所などの情報も!

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 https://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

カテゴリー

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る