イギリスの浮気・不倫事情とは?英国在住の著者が疑問に思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2020.04.28

スポンサーリンク




英国の恋愛事情とは

イギリスからこんにちは!
こちらでは、ご存知の通りロックダウンしているので、多くのご家族が家で外出を控えて過ごしています。
会社に通勤せずに家からお仕事をされている方も多いです。
いつも以上にずっと家族で過ごす必要があるので、夫婦関係や親子の関係なども重要になります。

今年になり、トリニティでコロナウイルスと英国について書いていましたが英国の恋愛事情についてお伝えします。

今回は、イギリスの浮気・不倫事情とは? 英国在住の著者が疑問に思うこと【前編】についてです。

イギリス在住筆者が思うこと

よく思うのですが、イギリスで不倫率は少ない気がします。

というもの日常でそういうことが話題になることが全くないからです。

日本に住んでいた時のほうが、そういう話を聞く機会はありました。

イギリス在住の日本人のママ友ともそういう話題になったことがないですし、イギリス人の女性ともそういうことを話したことがありません。

英「デュレックス」が、出会い系サイトと共同で調査を実施し、「浮気大国」トップ10の中に、イギリスはランクインしています。

また、英国紙のサンデー・タイムズによると不倫専用SNSにイギリス人登録者数が100万人以上もいることが判明したそうです。

しかし、実際にイギリスに住んでいて、浮気や不倫の話を聞く機会がないので、「本当にそんなに浮気しているのだろうか?」と疑問だったので周りの人に聞いてみました。

わたしと同じように英国で国際結婚をした既婚者の日本人(男性1人、女性2人)に「イギリスで不倫の話とか聞いたことありますか?」と質問しました。

「周りで聞いたことがないです」(男性)

「私も不倫はあんまり聞いたことないです。でも、日本でもあんまり周りに居なかったので、あんまり当てにならないかも。
不倫するような人は、結婚しないって人も(イギリスでは)多いかもしれないですね」(女性)

イギリスも不倫はありますが、アメリカほどそういった事はオープンではないです。保守的で下ネタ(生理やトイレの話題も)も嫌がる人が多いです。宗教や国柄もあるでしょうね」(女性)

とのことでした。

スポンサーリンク



不倫は罪だという意識が根付いている?

イギリスではキリスト教プロテスタントを信仰している人は多く、不倫は罪だという意識が根付いているそうです。

イギリス人は浮気に対しての罪悪感が大きい国だと言われています。

海外では、いろんな宗教があり宗教に関して話題にあげるのは好ましくないです。その為、宗教の意識も影響するので、そういうことを話題にすること自体がタブーなところもあるのかもしれません。

イギリス人は建前と本音を使い分ける!?

または、イギリス人は建前と本音を使い分けるので、相手がこう言えば不快になるかもしれないという発言は避けて、遠回しな言い方をする国民性であることも影響しているのかもしれません。

カード1つでもクリスマスカードを使わずに、Season’s Greetingsのカードを使う人も多いそうです。
日本ではクリスマスに関して、あまり深く考えなくても楽しいイベントとして気軽な気持ちで「メリークリスマス!」と周りの人に言えますが、海外では違います。
クリスマスはキリスト教のお祝い事なので、相手に送るカードの言葉を海外では日本以上に配慮する必要があります。

恋愛観に関しても言葉を選んでいるのか、夫婦円満なのかはわからないですが日常の生活で話題になることはあまりないです。

パブなどでお酒を飲んで高揚したら、浮気や不倫などの恋愛話にもなる可能性はあるのかもしれませんが…

また、イギリスにはラブホテルはありません。
ロンドンなどは家賃が高いので単身の多くはフラットシェアをしている状況で、不倫できる環境があるのか? というところも疑問です。

スポンサーリンク




イギリスの浮気・不倫事情とは? 英国在住の著者が疑問に思うこと【後編】

2020.04.29

イギリスの浮気・不倫事情とは? 英国在住の著者が疑問に思うこと【前編】では、英「デュレックス」が、出会い系サイトと共同で調査を実施し、「浮気大国」トップ10の中にイギリスはランクインしているけれど、日常でそういう話を聞くことはないとお伝えしました。

ラブホテルもないですし、ロンドンなどは家賃が高いので単身の多くはフラットシェアをしている状況で、浮気相手とどこで過ごすのかという疑問もあります。

日本に比べて、浮気や不倫がしにくい環境ではないのかと個人的に思います。

イギリスにはラブホテルがない

ラブホテルは欧米にはないです。
ラブホテルはなんだかんだ言っても、不倫関係にある人が多く利用しているのでは? というイメージがあります。
もちろん、実家暮らしのカップルなども利用しているとは思いますが、ラブホテルの存在が不倫を円滑にさせているように思います。

そもそもイギリスにはラブホテルがないですし、単身の多くはフラットシェアをしています。
地方都市などでフラットが安い場合は自分だけのフラットを借りる人もいますが、わたしが住んでいたロンドンでは基本的に家族連れでない限りはフラットシェアをしている人が多いです。

その為、イギリスにはラブホテルもないですし、フラットシェアの場合は必然的に不倫相手とイチャイチャできる場所がないです。
実家暮らしの人も彼氏ならば連れて行けると思いますが、親に不倫相手を紹介する訳にもいかないでしょうし、本当にそういう場所がないです。

スポンサーリンク



生活に追われていて、不倫どころではない!?

浮気や不倫をしている人はどこの国でも多かれ少なかれいると思うのですが、上記の理由に加え、ロンドンで朝から晩まで忙しく働くロンドナーにいつ不倫をする時間があるのだろうか? という疑問もあります。

生活に追われていては、不倫どころではないイメージがあります。

日本に比べてイギリスは物価が高いので、サバイブして生きるだけでも大変なので、家族の絆が深まりそうな出来事も多いです。

わたしはロンドンにも住んでいたことがありますが、暮らしていく生活費を稼ぐだけでも本当に大変なくらい多額の金額が飛んで行きました。

イギリスは日本に比べて物価も高いですし、ロンドンは家賃が高額なので、時間にも経済的にも余裕がなくとにかく多忙なロンドナーが多いです。

ロンドナーは忙しい

今年の2月、ロンドン在住の友人夫婦の家に家族で泊まりました。

ブラジル人のご夫婦なのですが、夫婦二人三脚、ロンドンでサバイブしています。

友人夫婦のルーティンを聞いていても、二人とも朝から晩まで働いていて、購入したばかりのマイホームの家のローンを返すことに追われていると教えてくれました。

ロンドンは家賃がすごく高いので、資産として家を買いたいと思う人が多いのですが、驚くような値段ですので、購入を諦める人も多いです。

普段は仕事に追われて、高額な家賃(や家のローン)を支払う為に一生懸命働いて生活をしています。

朝がすごく早いので、平日の夜は10時に就寝するそうです。
とても健康的な生活に見えます!

スポンサーリンク




長期休暇で旅行を思いっきり楽しむ人が多い

休日は、ジョギングをしたり、天気の良い時期は天気の良い日は公園で日光浴をしたり家族の時間を楽しんで疲れた日常から解放されてのんびりと過ごす人も多いロンドナーたち。

最近はロックダウンしているので旅行どころではありませんが、基本的にホリデーになれば夫婦や家族でイギリス国内や他のヨーロッパへ旅行をするカップルも多いです。

そして、長期休暇で旅行を思いっきり楽しむ人が多いのですが、浮気や不倫をする時間がなさそうな感じはします。

ロンドンで生きていくことは簡単なことではないので、多くの人達がお互いに協力して暮らしています。

次回は英国で学んだ、パートナーとして協力できる素敵な関係やパートナーシップについてお伝えします。

続きはこちら

https://london-mei.com/partnership/

イギリスのパートナーシップ。実はパートナーとして協力できる素敵な関係が多い理由

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ ◆無料メールレッスン内容◆人生が最速で動き出す!7ステップ国際結婚 パートナーシッププログラム!⇨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

◆無料メールレッスン内容◆

人生が最速で動き出す!
7ステップ国際結婚
パートナーシッププログラム
赤薔薇

詳細はこちら

ロンドンでナローボート

英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活が書籍化!!


英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活〜Vol.1(33806文字)

英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活〜Vol.2(38,444文字)
kindleで絶賛発売中です!

読み応えたっぷりの内容になっています。

詳細はこちら

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 https://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

inポイント
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る