日本一時帰国2週間。生後8ヶ月の赤ちゃん連れの行きの荷物大公開!空港までに決めた3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

生後8ヶ月の赤ちゃん連れの行きの荷物大公開!

ロンドンからこんばんは。

パバンめいです。
わたしはイタリア人男性と国際結婚し、現在ハーフイタリアンの息子を子育て中です。

今回は、日本一時帰国2週間。生後8ヶ月の赤ちゃん連れの行きの荷物大公開!空港までに決めた3つのことについてです。

スポンサーリンク







スポンサーリンク







空港までに決めた3つのこと


↑カナリーワーフ

その1 いくつスーツケース持って行くか?

一時帰国に夫婦各自で一つずつスーツケースを持つのか、持たないのか、ベビーカーは持って行くのか行かないのかで前日迷いました。
そして、決めたのが
ザ ミニマリスト!
日本に帰ったら持って帰りたい物が増えると聞いていたのですが、スーツケースは1つにしました。

その2 空港までの道のりを何で行くのかを決めた

↑ヒースロー空港にあったハリーポッターショップ!

電車?

Uber(タクシー)?

何でヒースロー空港まで行くのか?

わたしの家はロンドン市内だし、ヒースロー空港までUberで行っても問題ない金額なので、2つの選択肢がありました。
Uberで心配だったのは、朝の平日のロンドン市内の道路状況。
電車の方が渋滞に巻き込まれない!
後は、チャイルドシートを持っていないから、Uber移動中に息子を抱っこしないといけないこと(そもそもチャイルドシートなしは良くない)もありました。
そして、他にも気になったのは【タクシー移動だと息子は疲れない!】
電車移動で、景色がコロコロ変わってカタカタベビーカーに揺られていた方が飛行機で寝てくれるのではと予想。
と、言うことで電車にしました。
朝5:30起きでカナリーワーフからヒースロー空港に向かうので、通勤ラッシュには被らないとも予想!
が!!!
通勤ラッシュに被ってしまいました。
カナリーワーフからロンドンブリッジに行くジュビディーラインがめちゃくちゃ混んでいて、とてもベビーカーなんて入らない様子。
電車を1本見送りました。
夫に、Uber(タクシー)でヒースロー空港に行くか、ベビーカーよりも抱っこ紐に変えた方が良い気がすると伝えました。
電車でベビーカーで行こう、ギュウギュウの中抱っこ紐は危険とのことで、無理矢理電車に乗りました٩( ᐛ )و
通勤ラッシュにベビーカー。
普通、同じ車両に居合わせたら乗客は嫌な顔しそうです。
ある女性が私の肩をポンポン叩いたので、文句を言われるかと思ったら
「あなたのリュックサックのチャックあいてるわよ。閉めた方がいいわ」
とのこと。
し、親切( ´Д`)y━・~~
息子は、めちゃくちゃいい子に電車に乗っていました。

その3 ベビーカーは持って行くか

↑ヒースロー空港にあったお寿司屋さん〝itsu〟 いつ

ベビーカーは日本一時帰国の時はレンタル予定のママ友もいたので、絶対にイギリスに持って行く物でもないのかな?なんて思ったりもしました。
ただ、神戸の後に東京にも行くしベビーカーは必要だとは思っています。
とりあえず、ブリティッシュエアウェイズはベビーカーは無料で荷物預かりしてくれるのでベビーカーを持って行くことにしました。

最終的に決めた荷物
・大きなスーツケース
・ベビーカー
・夫婦各自のリュックサック
です!

超ショートスリーパーの息子なので、息子を起こしたことがないので息子は人生で〝起こされる〟経験をしたことがないです。
あーん。もったいない!
せっかく寝ている息子を起こすなんて!
と思いながらも、息子のお気に入りのユニクロの服を脱がせて、オムツを替えて別の息子のお気に入りのユニクロの服に着せ替えました。
息子は
えー!なんで起こすのー?
という感じの顔をしていて夫が息子に
「いつも僕たちがあなたに起こされているんだから、今日1回くらいはスイッチだよ!」
と説明していました。
さあ、いよいよロングフライト!
成田までの直行便です!
バシネット付きなので、少しは大丈夫かな?
必然的に持って帰りたい物はスーツケース1つに収まる量になっちゃうけど、今回は欲を持たないで
空港までの交通機関、飛行機のトラブルがなくて、息子も飛行機でいい子にしてくれたら充分!という謙虚な気持ちの旅にしようと思いました。

できれば持って帰りたいもの


可能ならば、ミニギターだけ持って帰りたいんだけど。
あと100均で買いたい物が!
あと、息子のお気に入りのユニクロの服を調達しなきゃ!これは必須やわ。
今はもう袖が半袖になっちゃったけど、無理矢理生地を伸ばして着せてます。笑
必要最低限だけを心掛けて!って色々持って帰りたくなりそうだけどね。
ミニマリスト精神はナローボート暮らしで得た気がします。

【お知らせ✨】2020年にイタリアへ移住しました!

◆イタリアへ移住して1年以上経ちました◆

このブログにたどり着いていただきありがとうございます。

新型コロナの影響もあり、2020年にイタリア移住しました。

ロンドン➡︎イギリス地方都市(ノッティンガム)➡︎イタリアに移住しました。

しばらく更新していないブログですが、イギリス妊娠出産体験記を始め様々な記事を今でも読んでいただけてとてもうれしいです。

私は現在、イタリアで起業し2児のママをしています。

(息子は3歳になりました!娘は0歳です)

イタリア生活や最新情報はInstagramで更新しています。

パバンめいのインスタはこちら

↓↓↓

https://www.instagram.com/meipavan/

ロンドンブログから来ました!とコメント入れていただけたらすごく嬉しいです💕

 

2021年11月パバンめい

【無料!】大反響だった動画をプレゼント

【無料プレゼント】週1日、2時間の隙間時間で20万円をゆるく幸せに稼げる方法♡の購読申し込みはこちら

読者登録フォーム
お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

参加者さんの声

国際結婚をされて、イタリア人の旦那様と可愛い息子ちゃまとイタリアで幸せに暮しているめいちゃんの動画を視聴しました!!!

解り易くて興味深い内容でした。

回を追うごとに内容がどんどん濃くなるので、乞うご期待!
このコロナの時期、仕事や収入が減って不安がある方、時間を持て余してて何かを始めたい方など、ご興味ある方は無料配信してくれているので、是非ご視聴してみて下さい!!(30代女性)

ミラクルを起こす方法〜無料動画OR音声プレゼント

プロローグはこちら

(noteに飛びます)

商業出版、

国際結婚、

海外移住(イギリス、イタリア)、

ハーフのママ、

月商7桁!!

パバンめいが多くの夢を叶えられた秘密を無料で大公開!

多くの方からご感想をいただいています!

プレゼント動画の受け取りはこちら♡

QRコードでの登録 ID検索・追加ボタンでの登録
『@love2』

友だち追加

お問い合わせもLINEに送ってください。

営業日48時間以内に返信致します。

LINEから返信がない時やLINEをお持ちでない場合は、下記のメールアドレスに送ってください。

pavanmei@reservestock.jp

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ ◆無料メールレッスン内容◆人生が最速で動き出す!7ステップ国際結婚 パートナーシッププログラム!⇨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

◆恋愛パートナーシップ◆

◆無料メールレッスン内容◆

人生が最速で動き出す!
7ステップ国際結婚
パートナーシッププログラム
赤薔薇

詳細はこちら

ロンドンでナローボート

英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活が書籍化!!


英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活〜Vol.1(33806文字)

英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活〜Vol.2(38,444文字)
kindleで絶賛発売中です!

読み応えたっぷりの内容になっています。

詳細はこちら

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 https://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

inポイント
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2022年9月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る