ロンドンで子育て〜新生児の息子、粉ミルクを変えてから急成長中!ノロウイルス隔離解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ノロウイルス隔離解禁!

ロンドンからこんにちは。
パバンめいです。
イギリスのマタニティーライフはこちらにまとめています。

今日の16時にノロウイルス隔離が解禁されました。


♡人気記事♡
【出産のご報告】水中出産×ヒプノバーシング。自然分娩で陣痛も出産もあまり痛くなくて眠たかった体験談Part.1
❤イギリス人男性の出会い方→


スポンサーリンク







新生児の息子、粉ミルクを変えてから急成長中!

新生児の息子、粉ミルクを変えてから急成長中です!

骨がグングン成長しています。

粉ミルクを変えた理由はこちら→
ノロウイルスではないわたしも隔離されていたのですが、病院のルールでママも隔離しないといけないそうです。
解禁後は病院のナーサリーなどを全て掃除していました。
息子は隔離されている間にすごく大きくなりました。
オムツも次の大きさに変えました!
背がどんどん伸びています。
看護師さんに
「きっとあなたより大きくなるわよ。
そのうちあなたのお世話してくれるわよ」
とのこと。
うん、息子はわたしより背が高くなると思います。
いつか息子がわたしをお姫様抱っこできるくらい大きくなるんだろうなぁ。
昨日は息子がなかなか寝なかったので、少しの間一緒のベッドで寝ました。
「いつまでママと一緒に寝てくれるの?」
と0歳0ヶ月の息子に聞くわたし。
しばらくは一緒に寝てくれるでしょう(*^◯^*)

生後4週目でもう次のサイズのオムツ!1から2へ!


オムツですが、夫が昨日、気を利かせて大きいサイズを買ってきてくれました。
何回もオムツが漏れてお洋服を着替えないといけなかったのは、サイズが小さかったみたいです。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

著書


0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

KindleのことがわからないからPDFで読みたい!と言う方へ

こちらはKindleのアプリ不要!

スマホからでもパソコンからでもラクラク読める!!

本の内容がPDF化されました!

こちらから購入できます!
3万7千文字PDF!出版する為のノウハウを教えます 本を商業出版したい方、書店に並ぶ本のノウハウを知りたい方!

paypalで購入出来るようになりました!

paypalで《ゼロからはじめる商業出版》PDF本が購入できます!
500円下記にてお振込みしていただけましたら、後ほど
・PDF
・オンラインで見れる購入者限定ページ
をお渡し致します。

Paypalでのご購入は こちら

この人、どうやって書店に並ぶ本を出版したんだろう?と気になる人は、ワンコインで情報GETしてみてください^_^
購入者限定で、出版ができる企画書を送る場所などの情報も!

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 https://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

カテゴリー

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る