七田式に通って右脳が開花したわたしが、大人向け英会話教材がおすすめの理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

13592842_1094335513985457_7584175755127454509_n-2
⬆️ちなみにビールを飲み過ぎるとアホになると母が昔、言っていました。本当でしょうか…

右脳開花!わたしは幼少期に、母に連れられて七田式に通っていた!

ロンドンからこんばんは。
パバンめいです。

今日は、七田式に通って右脳が開花したわたしが、大人向け英会話教材がおすすめの理由についてです。

スポンサーリンク







右脳とは?

269726339-e1459542703356

脳には、左脳と右脳とがあります。
左脳は、思考や論理を司る人間的な脳と言われます。
それに対して右脳は、五感を司る動物的な脳と言われます。

左脳は文字や言葉などを認識し、右脳は視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚などの五感を認識します。
左右の脳のそれぞれ役割を図示すると、下図のようになります。

右脳は、一言で言うと「五感を通じた感覚・感性」を取り扱います。

右脳の五感の認識パターンは、瞬時に直感的にかつ総合的に、外部情報を認識し判断します。

右脳の記憶容量は左脳に比べて大きく、CD や DVD のように多量な映像情報や音楽情報を、データとして記憶する事が出来ます。

またその処理スピードも、左脳とは比べものにならないほど早いそうです。

参考文献:●左脳と右脳のそれぞれの役割

右脳派になれば、夢を実現できる可能性が上がる!

hondamyu-top

わたしは、夢は叶えるためにあると思っています。

歌手になる夢→シンガーソングライターになり、全国のカラオケに楽曲が入っている。
カンヌの国際広告祭で、楽曲が使われる。

本を出版する夢→2014年商業出版

大好きな5時に夢中出演→2015年AKB社長の旦那さんであるアレクさんが取材しに来てくれて実現

イギリスに住む→2015年11月末に叶った。

なぜ、わたしが夢を実現できるのか?

なぜか?

それは右脳派だからだと思います。

右脳派は情報処理スピードが早く、直感で動けるので、行動力が抜群に良いです。

右脳で英会話を吸収したら、英語が楽しくなった!

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s

わたしは、日本の左脳的教育が全く自分に合わず、学校の勉強は苦手でした。

その為、今でも英語のスペルや学術的なことは苦手です…

そのため、2012年まで中学生で習う英語すら理解できない状態でした。

言葉と文字で学んでも何もわからないのです。

しかし、英語を左脳から右脳で学ぶようになってから、突然、英語の理解が深まりました。

実際に海外で、人の声で英語を聞き、テレビなどの映像で英語を聞き、自分が相手に言葉として話したいから英語を使うようになり、中学生で習う英語がわかるようになりました。

今では、日本語はほとんど話さない英語だけの生活でも楽しく生活しています。

右脳が活性化した状態で英会話学習をする七田式!

七田式

七田さんは右脳を使う英語を教えてくれます。

高速右脳リスニングは、普通より高速で聴くことにより、脳にアルファー波が発生し、右脳が活性化した状態で英会話学習をすることができます。

『自分の口から言いたいことが英語で出てこない。』という方には、お薦めです。

若い方はもちろん、40代〜60代の方で、短期間で英会話が出来るようになりたい方もぜひ、七田さんで学んでいただきたいです。

これからオリンピックで日本にも外国人が増えます。

ぜひ!英会話を皆さんにも楽しんで欲しいです。

また、右脳トレーニングになるので、情報処理も早くなるので、生活にも役に立ちますよ。

わたしは、七田さんに通っていたので、七田式を自分の経験を通しておすすめできます。

七田式 大人向け英会話教材 7+English(セブンプラス・イングリッシュ)は、コチラ からお申込みができます。

 

ご提供中のサービス

無料動画講座

完全無料の動画レッスンへようこそ!

無料動画講座は無料で3本の動画とメールレッスンを受講できます。

期間限定ですので、予告なしに無料レッスンが終了する可能性があります。

本日から無料レッスンに参加できます。

参加資格:愛されて当たり前になりたい女性  (独身・既婚問わず)
【無料動画レッスン】グローバルLOVE ❤︎ 愛されて当たり前のあなたになる! の購読申し込みはこちら

◆無料動画レッスン内容◆

グローバルLOVE ❤︎
愛されて当たり前のあなたになる!
パートナーシッププログラム

≪Lesson1≫(動画講座)
長女の私が愛されて当たり前になれた理由
(25:14)

≪Lesson2≫(動画講座)
愛されて当たり前になる3ステップの中身を大公開!
(25:36)

①運命の男性との出会い方

②すぐに愛される運命の人の見極め方

③賢い女性だけがやっている戦略的LOVE徹底解明!

④元カレから考える恋愛履歴書♡分析術!

⑤過去の辛い経験を消化する

⑥あなたが愛されマインドになれない最大の的とは?

≪Lesson3≫(動画講座)
運命の男性との出会い方と戦略的LOVE大公開
(40:37)

今日のテーマはズバリ「出会いと愛されるコツ」!!

メールレッスンにて

お金のブロックを外してお金に愛される方法

  私が叶えた自己実現の成功の法則

も配信しています。

【無料動画レッスン】グローバルLOVE ❤︎ 愛されて当たり前のあなたになる! の購読申し込みはこちら

【無料動画レッスン】グローバルLOVE ❤︎ 愛されて当たり前のあなたになる!
読者登録フォーム
お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

 

【無料Lesson1】ご感想

自分の存在自体に意味があり、ただ存在するだけで、良いというのは、自己肯定感を上げることに繋がるというのに納得しました。巷で、自己肯定感あげるとよく耳にするのですが、めいさんのエピソードと一緒に聞くと、とても納得がいき、すんなり賛同できました。ありがとうございます😊(40代女性)

長女気質がとてもわかりやすくまさに自分の事のようでびっくりしました。次回も楽しみにしています。(40代女性)

自己肯定感の目覚めが中学生は早いな!いいな!と思いました。
また、メイさんの声がむっちゃ可愛かったです!(20代女性)

ネットでめいさんを知った方は感じないかもしれませんが、お話した感じだと長女だとは思いませんでした。
あの雰囲気(妹気質?)って、後天的に身につけれるんですね^^
わたしもやってみます!(50代女性)

3ヶ月の本講座

こちらはマンツーマン制のコーチングが含まれます。

脳科学を使った再現性の高いメソッドでお伝えしています。

3ヶ月講座をお申し込みを検討されていて、質問がある時は遠慮なくお問い合わせください。

下記のメールアドレス、またはLINEにて、営業日48時間以内に返信致します。

pavanmei@reservestock.jp

LINEからのお問い合わせはこちら

QRコードでの登録 ID検索・追加ボタンでの登録
『@mei4』

友だち追加

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ ◆無料メールレッスン内容◆人生が最速で動き出す!7ステップ国際結婚 パートナーシッププログラム!⇨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

◆恋愛パートナーシップ◆

◆無料メールレッスン内容◆

人生が最速で動き出す!
7ステップ国際結婚
パートナーシッププログラム
赤薔薇

詳細はこちら

ロンドンでナローボート

英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活が書籍化!!


英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活〜Vol.1(33806文字)

英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活〜Vol.2(38,444文字)
kindleで絶賛発売中です!

読み応えたっぷりの内容になっています。

詳細はこちら

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 https://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

inポイント
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る