さよならナローボート! イギリスでナローボート暮らし。Part.41

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロンドンからこんばんは。

パバンめいです。
わたしはイタリア人男性と国際結婚し、現在ハーフイタリアンの息子を子育て中です。

イギリスでナローボートを購入して、運河でイタリア人の夫と暮らしていました。

スポンサーリンク







スポンサーリンク







わたしがロンドンの新居探しでの絶対条件は4つ


まだ0歳の赤ちゃんがいるわたしがロンドンの新居のフラット探しでの絶対条件は4つでした。

新居の条件、ナローボートだったらどうか? 徹底比較!

1つ目……最寄り駅にエレベーターがあること

日本の駅は、エレベーターやトイレが必ずある印象がありますが、ロンドンのほとんどの駅にはこの2つが揃っていません。

ベビーカーを階段で降りることは、1人では不可能なので、絶対条件で最寄駅にエレベーターがある場所に住みたいと思っていました。

【ナローボートの場合】
最寄り駅にエレベーターがある場所にお金を払って停泊を続けるか、2週間に一度ボートを動かす必要があります。

最寄り駅にエレベーターがあると言えば、わたし達が住んでいる東ロンドンだと、ドックランズ・ライト・レイルウェイ (Docklands Light Railway: DLR) というドックランズを走るライトメトロまたはライトレールの形態の鉄道になります。

略してDLRと呼んでいますが、この鉄道以外にはエレベーターが付いていないことが多いので、ベビーカーだと移動が大変なことが多いです。

わたし達は運河を移動しながら暮らしていましたが、DLR付近に停泊できる場所はストラトフォード駅(Stratford station)付近に来た時でした。

マイル・エンド駅(Mile End tube station)など階段しかない地下鉄の近くに停泊することが多かったので、ベビーカーのことを考えるとクルージングする方法でのボート暮らしは不便に感じていた可能性があります。

最寄り駅にエレベーターがない場合は、バスを利用すると便利なので、バスをうまく利用すれば乗り切れないことはないと思いました。

2つ目……日当たりが良いこと


わたしは日当たりが良い場所が大好きなので、これは絶対条件の一つでした。

日本人は、割と日当たりを気にする人が多いと思いますが、イタリアに住んでて思ったことは、イタリア人は日当たりを気にしていなさそうです。

むしろ、遊びに行った義母の友人の家は日が当たらない家が多く、夏に家に居て涼しいことは良いことだと評価しているみたいに感じました。

【ナローボートの場合】
日当たりの心配はご無用です!
橋の下などに停めると日が当たらないことはありますが、基本的に日当たりは抜群です!

ナローボートにはたくさん窓が付いているので、日中は太陽光だけで充分に生活できます。

3つ目……カーペットではなくフローリングの家

イギリスはカーペットが敷いてある家が多いのですが、フローリング希望でした。

家探しの時期、ちょうど息子が生後3ヶ月でよくミルクを吐いていたりしていたので特に床が汚れたらササッと拭けるフローリングが良い!と強く思っていました。

【ナローボートの場合】
以前、DIYについて書いた記事でお伝えしたように、もともとわたし達のナローボートはカーペットが敷かれていました。
それをDIYでフローリングに変えました!

4つ目……1階、またはエレベーターのある家

ベビーカーがあるので、階段を使わなくて良い1番下の階またはエレベーターがある家を探していました。
イギリスだと1階はグランドフロアになり、2階のことをファーストフロアと呼ぶのでややこしいです。

【ナローボートの場合】
ナローボートの場合は、ナローボートの入り口からベビーカーの出し入れは段差があるのでなかなか大変だと思います。

その他
欲を言えば2ベッドルームの部屋に住みたいと考えていました。
義母が泊まれるからです。
しかし、ロンドンの家賃は恐ろしいほど高いです。
それが理由でナローボート暮らしをしていたのですから。
夫と話し合って1ベッドルームの部屋にして、義母や来客用にエアーマットレスを購入しました。

次回もお楽しみに!

パバンめいのメルマガはこちら

【7日間の無料講座】 ママにもできる!在宅ワークのはじめ方

パバンめいのメルマガはこちら

【7日間の無料講座】 ママにもできる!在宅ワークのはじめ方

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ グーグルアドセンスを少し知るだけで収入がグンとアップ!⇨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロンドンでナローボート

英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活が書籍化!!


英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活〜Vol.1(33806文字)

英国!ロンドンでナローボート暮らし〜夫と運河で新婚生活〜Vol.2(38,444文字)
kindleで絶賛発売中です!

読み応えたっぷりの内容になっています。

詳細はこちら

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 https://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

inポイント
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る