EEA familyビザに関する詳細、申請中のビザについての質問の回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

EEA familyビザに関する詳細、申請中のビザについての質問

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

わたしは2016年にイタリア人の男性とイギリスで入籍しました。
今回は、EEA familyビザに関する詳細、申請中のビザについての質問の回答です。

スポンサーリンク







ブログの女性読者さんからの質問

こんにちは。私只今YMSでロンドン在住のMと申します。
ブログ拝見させて頂きました。
非常に参考になりました!
ありがとうございます。

昨年に国際結婚をされたとのブログで拝見させて頂きました。
現在ルーマニア人の男性とお付き合いしており、将来的には結婚が出来たらいいなと思っております。
そこで質問がありご連絡致しました。

結婚式後にEEA familyを申請されたかと存じますが、申請の返答を待つ間でイギリスに来たときの学生ビザの期間が満了したかと思いますが、その際に延長申請などされたのでしょうか?
パスポートも提出するので、日本帰国も他の国へいくこともできなかったと思います。
私も今後手順を踏んでいくとYMSの期間終了後に返答をもらえる形になるのではないかと思っております。

長文失礼いたしました。
どうぞよろしくお願い致します。

 

※※

はじめまして。

ブログを読んでいただきありがとうございます。

『申請の返答を待つ間でイギリスに来たときの学生ビザの期間が満了したかと思いますが、』と質問にありますが、これはどこの段階の返答でしょうか。

結婚できるかできないかの返答でしょうか?

結婚できるかできないかの返答でしたら、すごく早くに結果がわかりました。

夫とも
「え!こんな早くに!?」
と驚くくらいすぐに『結婚して良いですよ』と手紙が届きました。

まず、結論から言うとかなり短い期間で手続きできたので、入籍する期間までビザは切れませんでした。
(入籍後、ビザが切れました)

というよりは、入籍するまでの期間をかなり早めるような工夫をしました(裏技があります)
その裏技を使って入籍までは、ビザが切れないようにした!と言った方が正確かもしれません。

過去のメールや過去の手帳を引き出してどのように手続きしたか情報を探してみました。
わたしもMさんと同じ気持ちだったみたいです。

過去のメールを見てみると、
◾︎イギリス大使館の方は感じはとても良いが、EEA familyの情報が少なすぎてわからないことも多く夫が怒っていた(←情報が少ないことに対して)
◾︎また、わたしのビザが学生ビザなので、このビザだと一度帰国しないといけないかもしれない。
◾︎それでもイギリス式でできるならイギリス式でやりたい!
と書いていました。
確かに、すごく情報が少なくて困った記憶があります。

もしもっと深く知りたい場合はEEA familyについてまとめたこんなnoteを販売しています。
全体的にどれくらいの期間だったかも詳しくnoteにまとめました。

note(有料ブログ)に書いていること

国際結婚の専門家に聞いても解決しなかったので、自分達で調べてイチから全部やりました。
専門家の人はわたしのビザだと、一度日本に帰国しないとビザ申請できないと言われましたが、結局日本に帰国しなくても全部の手続きが完了しました。
【有料ブログに書いていること】
・わたしが実際に経験したEEA familyビザの具体的な期間

・何度申請に足を運んだのか
・申請中のビザ
・EEA familyビザを申請するまでの入籍を早くする裏技!
・あるものさえあればもうこっちのもの!心配なし!
・あなたは気をつけて!わたしがやってしまった失敗!
・ビザが切れた人はどうするのか?(EEA familyビザ申請までにビザが切れそうな場合、友人からのアドバイス)
・EU離脱前で駆け込み入籍のカップルが多い可能性

※有料ブログご購入者さんに限り、〝EEA familyビザに関する詳細、申請中のビザについての質問〟に関する記事で質問したいことをnoteコメント欄にて質問いただけます。

noteには追記できる機能があるのでわたしがわかる範囲のことは追記して補足致します。

有料ブログのご購入はこちら

EEAに関することで直接質問したいあなたへ


EEAに関することでよくお問い合わせをいただきます。

お問い合わせが殺到してしまい、さすがにお答えしていくことが難しくなりました。
最近は個人的にお答えしていません。
EEA familyビザに関する詳細、申請中のビザについてのまとめ(3980円)のご購入者のみにお答えしています。

なぜご購入者のみにしたのか?

最初の頃は、問い合わせに対して大変ではなかったのですが、返信やブログで取り上げることに段々と気が重くなっている自分に気付きました。

国際結婚の手続きなど、手続きをされる一部の人からは「すごく役に立ちました!」とお礼メールが来たりします。

国際結婚の手続きの記事は読者が限られてきて記事を書くのもたくさん調べないといけないことが多いです。

なぜ大変かというと、イギリスで夫と入籍したので全ての資料が英語です。

わたしは夫との共通語は英語ですが、英語を読むことが得意ではないので時間が掛かります。
また、2016年の秋に入籍したのでもう1年以上前の話になり手続きの手順など思い出す作業が必要になります。

そして、夫にもわたしの記憶が間違えではないか確認したり、2016年の手帳を出して思い出したりしました。

それはとても時間が必要な作業になります。

ブログで取り上げても、質問者さんから「ありがとうございます!」と一言メールをいただくだけでは割に合わない労力とエネルギーを使っていることに気付きました。

わたし自身、国際結婚の手続きの情報が少なくて誰に聞いたら良いのかわからず悩んでいた過去があります。

もし、わたしが提供した情報が誰かの役に立って喜んでもらえたのならば、それはとても嬉しいことです。

では、なぜ質問されると気が重くなるのか? と考えた時に、エネルギー交換ができていないからだと気付きました。

質問者さんの「ありがとうございます」の一言と、わたしが何時間も掛けて調べた労力が比例していないことが問題です。

この辺りをご理解できる方のみお願い致します。

※有料ブログご購入者さんに限り、〝EEA familyビザに関する詳細、申請中のビザについての質問〟に関する記事で質問したいことをnoteコメント欄にて質問いただけます。

noteには追記できる機能があるのでわたしがわかる範囲のことは追記して補足致します。

EEA familyビザに関する詳細、申請中のビザについてのまとめ(3980円)のご購入はこちら

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る