イギリスは保険で、無料で無痛分娩できる!!イギリスでは、難民の人もみんな無料で無痛分娩!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

379910398-e1473464739131

イギリスは保険で、無料で無痛分娩できる!!

引き寄せの法則〜プリンセスマインド・コーチの仲谷めいです。
プリンセスマインドとは、「自分を愛し、相手を愛す」ことです。

今回はイギリスは保険で、無料で無痛分娩できるについてです!!





イギリスでは、難民の人もみんな無料で無痛分娩

日本も保険で無痛分娩を選べるようになるべきだと思う…
日本の税金は一体何に使われているのでしょうか?
もっとヨーロッパみたいに、医療などで還元するべきだと思うのは、わたしだけでしょうか?

無痛分娩だと翌日帰宅できるので、産婦人科の医師や病院が足りないことも良い方向に進むような気がするのですが…

キャサリン妃が、イギリスで出産し、翌日退院したので日本のお母さんは出産後何日も入院して怠けているのではないか?と話題になっていましたが、出産方法が違うことを男性の方にも知って欲しいと思いました。

最初は、無痛分娩は贅沢なことだと思っていたらヨーロッパでは、無痛分娩が一般的でした。

イギリスでは、難民の人もみんな無料で無痛分娩です!

無痛分娩はセレブではなく、ヨーロッパではそれが普通だった…

367709207-e1459890654611

みなさんは、無料で無痛分娩と自然分娩が選べるならば、どちらを選びますか?

わたしは、もし無料でしてもらえて、選べるのならば無痛分娩がいいです。

わたしは、アラサーなので周りはママになった友人がたくさんいます。

やっぱり赤ちゃん産むのって痛いの?って聞いたら必ず、出産を経験した友人は、みんな痛いって言います。

出産するなら、できることなら無痛分娩がいいと思ってしまうのですが、日本なら自然分娩が一般的ですよね?

「鼻の穴からスイカが出るような痛み」

と言いますよね。

どんな痛みなの!?!?

痛いの怖い…^^;

 

わたしはきっと、痛い思いをしても、無痛分娩で痛みが和らいでも、お腹の赤ちゃんの愛情は変わらないと思います。

そこで、結婚もしてないし、妊婦でもないですが、イギリスでの出産について調べてみました。





イギリスでは無痛分娩が一般的!

173439044-e1463861430204

どうも、イギリスでは無痛分娩が一般的みたいです。
しかも無料みたいです。
(ただ、無料なので、そこまでサービスはよくないみたいですが…)
そして。
駐在員の奥様はイギリスで、セレブ出産されたりするみたいです。

セレブ出産は、普通なら数十万円するのでもちろん無料ではないですが、駐在員の方の保険みたいなものでできるそうです。

調べたら一泊が10万円くらいでした!(レートによりますが…)
プライベートでホテルのような豪華な環境で、会社の保険で無料で出産が受けられることが多いみたいです。
(最近、知りましたが、駐在員妻をちゅうづまと呼ぶそうです)

dawg

読者さんからのコメント

会社の福利厚生としてBUPAというような私費の保険医療システムもあるように伺ってます>UK.

http://www.bupa.co.uk
これですね。
イギリスの会社の中には福利厚生の待遇の一環として会社が掛け金払ってケースもあるそうです。
NHSとは天と地の差ですな^^;。

無痛分娩が多い国にフランスがある!

ec76840be2f37814000284ef03b02302_s

無痛分娩が多い国にフランスがあるみたいです。

フランスのことは、わからないですが、イギリスでは保険で無料で無痛分娩が普通…
日本だと無痛分娩は浸透してないし、芸能人やセレブみたいなお金持ちがするイメージがなんとなくあります。
イギリスではもっと一般的みたいで、イギリスにいる難民の方も無痛分娩で出産されてます。

イギリスの保険の無痛分娩は、無料というメリットがありますが、サービスはイマイチみたいなので、日本で産む日本人ママも多いみたいです。

イギリスで無痛分娩で出産された女性からのお話!

ロンドンのSt Thomas hospitalは、NHSの保険でもOKな病院です。

イギリスにいる日本人駐在員の会社の福利厚生としてBUPAのような保険外診療を受ける資格のある人は、待ち時間が短くて良いそうです。

St Thomas hospitalの場合、待ち時間以外の違いは特にNHSと違いはないのでは?ということでした。

independentwoman

読者さんからのコメント
うちは2人とも超安産予定日自然分娩だったけど無痛(ってわけでも無いけど)で翌日退院。
St Thomas hospital

http://www.guysandstthomas.nhs.uk

日本も保険で無痛分娩を選べるようになるべきだと思う。

164757155-e1466025945331

無痛分娩なら翌日退院ができ、お母さんの体の負担も減るそうです。

わたしは、子どもを産んだことはないですが、ナニーをしていたことがあり、子育てが大変だということは想像できます。

1人目の出産は、はじめての経験で不安だと思いますが、無痛分娩の選択肢があれは不安が和らぐと思います。

2人目や3人目の出産の場合、赤ちゃんのお世話をしながら子どもの面倒をみないといけませんから、お母さんの体の負担が減ると助かると思います。

少しでもお母さんの体の負担が減る選択肢が、日本もヨーロッパのようにあっても良いかと思います。

無痛分娩の選択で、子どもに障害がでたり、変なことになることもないと思いますよ?

イギリス人のほとんど、というかヨーロッパでは無痛分娩が普通みたいですが、普通に元気に産まれて大人になっていますよ。

ベルタマザークリーム

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

応援ボタン

引き寄せの法則〜Princess Mind〜 応援ボタン押していただけると励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

「Gorgeous (TCD013)」

WordPressテーマ「Gorgeous (tcd013)」に変えて学んだこと体験談 詳細はコチラWordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

復縁占いとは?復縁成功者が続出!

イギリスのホテル情報

Sponsored link

PVアクセスランキング にほんブログ村

広告掲載について

【ロンドン・美容院・日本人】でトップに出るサイトに広告を出しませんか? 広告の詳細はコチラ95527438-e1467151368648

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
ページ上部へ戻る