過去世と前世の違いって?  前世占いで前世を知るということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

スポンサーリンク







昨年、ツインソウルとは? 世界を飛び回り過去世を自分で探っている話という記事を書きました。
世界を飛び回り、過去世を自分で探っている話についてお伝えしました。

今回は、この記事にも関連する過去世の話です。

過去世と前世とは。その違いは?


前世〟は現在の一つ前に生きていた世です。
〝過去世〟とは現在の前までに輪廻転生で、繰り返し生まれ変わってきたいくつもの世です。
占いの名前として前世占いと言うことがありますが、わたしが体験した前世占いの鑑定士さんは過去世もどんな関係だったのかをいくつか教えてくれました。

夫との過去世を聞く機会

わたしは最近、夫との過去世を聞く機会がありました。
なかなか、前世占いをしてくれる霊感の強い占い師さんに出会うことがなかったのでとても興味深い鑑定でした。

やはり、わたしは過去世でも夫に出会っていました!

結果を聞いてまず思ったことが、そんなに何度も過去でも出会っていたのか…ということです。

過去世に縁があることは自分でもわかっていましたが、
占い師さん曰く
〝出会った時は毎回、かなり親しい間柄〟
だそうです。

今のように夫婦の時もあれば兄弟の時もあった⁉︎

『あなたとご主人についてみたところ、今まで何回か一緒になったことがあるようです。
それは今のようにご夫婦の時もありますが、兄弟などの時もあるようです』
ということでした。
兄弟だったような感覚が実際にあります。
現在、夫とボートを購入してロンドンの運河で暮らしていますが、やはり兄弟感覚です。
イエーイ!
冒険ダゼ〜!
という男の子同士でワクワクするような感覚です。

前世占いは当たるのか?

前世を鑑定士さんから聞いても、前世を覚えていないので当たっているのかはわかりません。
でも、〝その度に夫は毎回、わたしの面倒を見る立場に生まれている〟
という話を聞いてすごく当たっているように感じました。
鑑定士さんには、特に今世の関係性も伝えていない状態で、よくここまで言い切ることができるなぁ! と霊感の強さに驚きました。

前世占いを
どこまで信じるか、
どのように捉えるか、

この辺りはもちろん自由です。

前世もこの人と出会っていたんだなぁ~と言う感覚を楽しみたい人や今世では結ばれない恋かも知れないから真剣に知りたい人もいます。

前世占いを経験した友人の話

前世占いを経験した友人は、前世では今世の旦那さんとは結ばれなかったそうです。
友人が、今世の旦那さんを振ってしまい別れたことを後悔していて今世では結ばれたと占い師さんに言われたそうです。

そんなことなら、どんな占い師さんでも言えると思うかも知れませんね。

友人の場合、占い師さんに何も情報を伝えていないにも関わらず旦那さんと出会った国などもピタリと当てたられたそうです。

前世占いは、前世のことなので信憑性については何とも言えません。
しかし、今世での性格やパートナーとの関係性、出会った国など伝えてない情報が当たることにより納得ができることがあります。

こちらに、前世占いで言われた全文も載せていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る