東ロンドンおすすめホテル。タワーブリッジ、大英国博物館観光にも便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


ザ レ ロンドン ショアディッチ(The RE London Shoreditch)

東ロンドンおすすめホテル。ロンドンロイヤルホスピタル近く!

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

今回は、東ロンドンおすすめホテル。タワーブリッジ、大英国博物館観光にも便利なホテルをご紹介します。海外出産の為、義母が見つけてくれたホテルです。

イギリスのマタニティーライフはこちらにまとめています。

♡人気記事♡
◾️赤ちゃんの気持ち〜サイキックな占い師さんに赤ちゃんのメッセージを聞いた話

◾️ハーフbaby姓名判断★ヨーロッパの名前に詳しい鑑定士が英語とカタカナで鑑定!

◾️日本で購入できる!イギリスで大人気の妊娠線対策〝Bioオイル〟


スポンサーリンク







著者自らが足を運び調査!2017年版ホテル情報!

↑ホテルの近くにある二階建ての赤いバスで飲食できるFOOD BUS。

2017年版の最新ホテル情報をお届けします!

ここに掲載している写真は全てわたしが足を運んで撮影したものです。

今回ご紹介する ザ レ ロンドン ショアディッチ(The RE London Shoreditch) は義母達が宿泊していて実際にホテルにお邪魔しました。

東ロンドンにある4つ星ホテルで、価格もロンドンの物価で考えたら平均的でリラックスした雰囲気のホテルです。

日本の家族も泊まる予定なので、直接ホテルに行ってこの目でリサーチをしてきました。

わたしが出産予定のロンドンロイヤルホスピタル近くです!

タワーブリッジ、大英国博物館観光にも便利な場所

↑ロンドン橋とよく名前を間違えられるタワーブリッジ(ロンドン橋もここから行ける距離にあります)

実は、イギリス観光で人気のタワーブリッジ、大英国博物館観光はロンドンの東にあります。

東側のホテルに宿泊する方が便利に回ることができます。

ショーディッチは若者に大人気エリア

特に、ロンドン中心部の東側ハックニー・ロンドン特別区にあるショーディッチは若者に大人気です。
わたしはあまり夜に出かけないですが、若者がパーティーやお酒を飲んだりする場所にも人気みたいです。
元シェアメイト(若い男の子達)や元クラスメイト(若い女の子達)の20代のスペイン人はみんなでワイワイするのが好きみたいで、ショーディッチが好きみたいでしたよ。
ショーディッチは、ベトナム料理やインド料理がたくさんあるみたいです。
わたしもショーディッチに行ったことがありますが、屋台みたいな場所でランチをいただきました。
楽しかったです。

東ロンドンで観光や家族がお産をする人に朗報!


ザ レ ロンドン ショアディッチ(The RE London Shoreditch) 

※写真は10月に義母と義弟が宿泊した部屋。一緒に室内でお茶を飲んでリラックスしました。
東ロンドンで観光や家族に泊まってもらいやすいホテル東ロンドンの近くのホテルについてご紹介します。
タワーブリッジ、大英国博物館、ショーディッチなど東ロンドン観光したい人にも便利な場所でオススメのホテルです。

東ロンドンには、なかなかオススメのホテルが見つからなかったです。

古くて狭いホテルが多かったです。

このホテルは、義母がロンドンに遊びに来てくれた時に見つけてくれたホテルです。
お産ですぐにロンドンロイヤルホスピタルに行ける距離にある素敵なホテルを見つけてくれました。

2年前に義母達泊まったホテルはギュウギュウで狭かったみたいで、今回はもう少し快適なホテルを選んだそうです。

ここなら実母も妹も文句なしのホテル

ホテルの中にも遊びに行かせていただきましたが、ここなら実母も妹も文句なしのホテルでした。

うちの母は、海外慣れしておらず、日本の快適生活に慣れているからボロボロのホテルには精神的に泊まれない気がします。

今年の夏にロンドンに来た時はヒルトンホテルに宿泊していました。

部屋の中にトイレやシャワーがあるだけでなく、部屋にテレビと冷蔵庫とお風呂がついていて快適そうな部屋でしたよ。

浴槽

テレビ

ドリンクサービス

ココアや紅茶もあります。

冷蔵庫の中の冷たいお水も入っていました。

冷蔵庫

しかも冷蔵庫の飲み物は無料サービスみたいでした。

わざわざ夫が義母達の為に、ホテルに着く前に近所のお店で水を買っていましたが、必要なかったです。笑

ドライヤー

アメニティには日本語が!

アメニティに日本語が書かれていて驚きました。

「ヒルトンとそこまで変わらないホテルがあってよかったね」と夫が言ってくれました。

夫もわたしも母と妹が宿泊していたヒルトンホテルに行っているので、この目で部屋の様子は見ています。

ヒルトンに比べたら浴槽は老朽化していましたが、確かにヒルトンに泊まっていた母もこのホテルならば快適に宿泊できそうです。

ホテルの窓から見えた景色

東ロンドンについて

東ロンドンは、昔は治安が悪いと言われていたみたいですが今はアーティストの街として若者に人気のエリアです。
日本人の駐在員や駐在員家族は西ロンドンに住んでいる人が多いです。
アクトンなど、ヒースロー空港の近くが日本人には人気エリアです。
東ロンドンでは、あまり日本人を見かけたりしませんがおしゃれでアーティスティック、それでいて下町情緒がただよっていて面白いですよ。

ロンドンブリッジやタワーブリッジは東ロンドンにあります。
また、東ロンドンからは大英国博物館も近いですよ。

ロンドンロイヤルホスピタルにもすぐに駆けつけられる距離

また、来年のわたしのお産の時の為に病院(ロンドンロイヤルホスピタル)の近くのホテルを意識して探してくれました。

電車、バス、タクシー(ウーバー)などを使えばすぐに駆けつけられる距離です。

ロンドンロイヤルホスピタル近くのホテルは他にもありますが、ザ レ ロンドン ショアディッチ(The RE London Shoreditch)は日本人のご家族でも比較的に快適に宿泊できると思います。

もちろん、家に宿泊できるスペースがあるならば別ですがそうではない方にはオススメです。

我が家は狭いのでお産の時に日本から来てくれた家族が泊まれるほど広さがありません。

イギリスで海外出産、日本の家族もこのホテルに決まり!

↑ホテルのロビーに飾られていた写真。

ザ レ ロンドン ショアディッチ(The RE London Shoreditch) は24時間対応レセプション、 荷物保管室があるのでイギリス慣れしていない家族が来ても安心だと思いました。

義母も実際に宿泊してよく眠れたそうです。

旅行中に汗をかきたい場合は、フィットネスセンターも利用できるそうです。

イタリアからは義母、義弟。日本からは母、妹が来る予定

産後、家族のイギリス訪問は実母と義母、時期はずらして来てもらう予定です。
出産直後にイタリアの家族にお願いをしました。
義母の方が、イタリアとイギリスで赤ちゃんに関する商品で売られている商品も近いだろうしヨーロッパの出産なので頼りにしています。
なんと言っても、可愛い息子(夫)のベビーの誕生を心待ちにしてくれていることがよく伝わります。

10月末にロンドンに遊びに来てくれた時に、赤ちゃんを包むひざ掛けを手編みで作ってくれました。

出産直後もこのホテルに泊まってもらう予定です。

日本の家族もここのホテルに宿泊してもらう予定です。

良いホテルが見つかって良かったです。

日本の家族には、赤ちゃんがいる生活が安定してから来てもらおうかと思っています。
母と妹は、赤ちゃんも見たいけどロンドン観光もしたいみたいです。

前回はツアーで来ていたので、今回は大英国博物館をもっとゆっくり観光したいそうです。

ロンドン観光にも便利なホテルなので、とても良いと思います。

ザ レ ロンドン ショアディッチ(The RE London Shoreditch)
419-437 Hackney Road, ベスナル・グリーン, ロンドン, イギリス

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る