排卵障害で子どもは授かりにくいと言われていたのに妊娠率100%で妊婦になった〝引き寄せ〟の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

わたしは不妊症の原因の一つと言われている多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と呼ばれる排卵障害を患っていたので、すぐに妊娠するとは考えてもいませんでした。

個人的な感想として医学的には妊娠しにくいと言われていましたが、妊娠はスピリチュアルでした。
まさにスピリチュアル妊娠でした。

イギリスのマタニティーライフはこちらにまとめています。

♡人気記事♡
◾️赤ちゃんの気持ち〜サイキックな占い師さんに赤ちゃんのメッセージを聞いた話

◾️ハーフbaby姓名判断★ヨーロッパの名前に詳しい鑑定士が英語とカタカナで鑑定!

◾️日本で購入できる!イギリスで大人気の妊娠線対策〝Bioオイル〟


スポンサーリンク







不妊の原因として急増中。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?


若い女性の20人に1人は「多嚢胞性卵巣症候群」と言われています。
「多嚢胞性卵巣症候群」の場合、赤ちゃんが欲しい!と思ってからなかなか妊娠できないそうです。
「多嚢胞性卵巣症候群」だと妊娠しても初期流産をすることが多いと書いてあるサイトも見つけましたが、イギリスでは医師には授かることが難しいだけで妊娠したら他の妊婦さんと同じだと言われました。
「多嚢胞性卵巣症候群」は通称PCOまたはPCOS(polycystic ovary syndrome)と言います。
卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。
卵細胞は卵胞と呼ばれる袋に包まれていて、成熟するとこの袋が大きくなり破裂して正常な排卵を起こします。
PCOではこの卵胞が卵巣の中にできるにもかかわらず、成長して破裂しないため、たくさんの卵胞が卵巣の壁にくっついて厚くなってしまいます。
正常な排卵が行われない排卵障害として、不妊症の大きな原因のひとつになっています。

結婚前に、子どもがいない生活の可能性を夫と話していた

結婚前に、子どもがいない生活の可能性を夫に話していました。
わたしには妊娠ができるかわからない、または妊娠するまでに時間が掛かると言うことを彼に伝えている方がお互いの為に良いと思いました。
もし、彼がどうしても絶対に子どもが欲しい人ならば、結婚をしないという選択肢もあるからです。
夫はわたしと考え方が似ています。
彼もわたしと同じ意見で、子どもはできたらで良いんじゃないの?自然に任せたら良いよ、というタイプでした。
絶対に子どもが欲しいということはなさそうだなとは思いましたが、その辺りも相手に確認して結婚しました。

排卵障害でも妊娠率100%で妊婦になった〝引き寄せ〟の話


子どもは授かりにくいと言われていたので、生理が来るたびに毎月がっかりする自分に出会うのかな、と思っていました。
実際には、妊娠率100%だったのでそんな日はなく、翌月には妊婦になっていました!

とても驚きました。

妊娠は驚きが大きくて、喜びとかはその瞬間はわからなかったです。

子宮外妊娠だってあるし、エコーで見ないと信じられないと思いました。

妊娠検査薬の結果が出た瞬間に夫も同じ空間にいましたが、喜びで彼に抱きつくこともありませんでした。

その瞬間は「あ、妊娠してる」と言っただけでした。

やっぱり妊娠はわたしにとっては、驚きでした。
すぐにできないと医師に言われていたので、できちゃった!と頭が真っ白になりました。
できちゃった結婚という言葉がありますが、できちゃった妊娠でした。

妊娠はとても神聖で神秘


本当にびっくりしました。

望んだことが、こんなに光の速さで引き寄せられたことは人生でも初めてだったからです。

妊娠はとても神聖で天使が降りてきてくれたような神秘に感じました。

その中でわたしの気持ちを落ち着かせてくれたのが、夫姓に変えるときに姓名判断をしてくれた鑑定士さんの言葉です。
「旦那さんの姓にすると、結婚生活が充実し子宝に恵まれ良妻賢母として夫から、周囲から愛される環境となるでしょう」
と、2017年4月7日の鑑定で言われました。

妊娠は医学的なことだけではない


わたしは医療現場で働いていて国家資格も持っている立場ですが、妊娠は医学的なことだけではないと思います。
天使が舞い降りてくる感じだと思います。
だからもし、あなたが多嚢胞性卵巣症候群で医師には子どもは授かりにくいと言われていてもそれで諦めることでもないのかもしれません。
わたしは、赤ちゃんの胎内記憶の話が好きなのですが赤ちゃんはお空でママやパパを選んで来てくれるそうです。
赤ちゃんがパパやママを選ぶことに、ママが多嚢胞性卵巣症候群であることは関係がありません。
赤ちゃんにこのママとパパのところに生まれたい! と思ってもらえるように、ピリピリせずに夫婦で仲良く過ごすことが一番だと思います。

今回は、国際結婚生活~パバンめいのロンドンの暮らし方ブログのこちらの記事からご紹介しました。
書ききれなかったことも載せていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る