小倉優子さんの夫。不倫騒動で馬越幸子さんを契約解除せざる得なかった事務所の理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

13882360_1110795839006091_2947434660581155216_n

ゆうこりんがテレビで不倫騒動で泣いている夢で魘された…>_<…

ロンドンからこんにちは。

仲谷めいです。

昨夜、夢で魘されていました。

小倉優子さんが、生放送で番組中に不倫騒動の件で泣いている夢でした。
不倫騒動も夢だったら良いな、と思ったら、それは現実だったので、ちょっとびっくり。

スポンサーリンク







まだ、結婚したことないわたしには、刺激が強い話(o_o)

あんなにお料理も頑張って、愛情いっぱいに子育てして、妊娠中にご主人さんが浮気って…
幸せな家庭をつくるって難しいんでしょうか?
妊婦さんって大変だと思うし、そんな時に浮気って、酷い。
まだ、結婚したことないわたしには、刺激が強いです(o_o)

わたし、この本(小倉優子のHappy Wedding)、幸せいっぱいのゆうこりんが可愛くて買ったんだけど…

本の内容はラブラブだったけど…
…風化するんですね。


小倉優子のHappy Wedding

馬越幸子さんを解雇せざる得なかった事務所の理由とは?

o0480064012960431737

⬆小倉優子さんの夫である菊池勲さんの不倫相手の馬越幸子さん。

ゆうこりんと同じ所属事務所だったが、この騒動で解雇に。
ブログやTwitterも消されてしまっている。

不倫しても何もトクはないだろうに…

また、カリスマ美容師の菊池勲さんが、事務所の先輩であるゆうこりんの旦那さんであることも馬越さん自身も知っていただろう。

そして、事務所の先輩であるゆうこりんの妊娠も知っていてのことだろう。

小倉と馬越が所属する事務所に事実確認を求めると、「馬越に聞き取りをしたところ、『ご迷惑をかけてすいません』と反省していました。今後の対応については、小倉の心情をいちばんに考慮して決めていきます」と回答した。 週刊文春WEB

事務所側としても、こうなったら解雇しか選べない…と言ったことが理由ではないかと考えられる。

さすがに、ゆうこりんも、元事務所の後輩の馬越幸子さんに慰謝料を請求したりせずに、まるくおさめるのではないか?と思いますが…

ただ、1つ言えることは、日本は子どもと同じ部屋で寝るので、それが、ご主人さんの不倫の原因には繋がると思います。
わたしのブログの検索も、このような悩みで辿ってくる人が毎日います。

関連記事

http://london-mei.com/不倫占い/

なぜ結婚指輪を外している男性が多い?不倫占い・秘密恋など周囲に相談できない時の解決法とは?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

著書


0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る