夫婦の会話時間ランキング(50ヶ国)日本はほぼ最下位。 空気を読まない方が、夫婦のコミュニケーションが増える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【スピリチュアルサイトTRINITY連載第45回目】夫婦の会話がなくなる⁉︎

引き寄せの法則〜プリンセスマインド・コーチの仲谷めいです。
プリンセスマインドとは、「自分を愛し、相手を愛す」ことです。
今回は、夫婦の会話時間ランキング(50ヶ国)日本はほぼ最下位についてです。

結婚3年目を過ぎたあたりから、夫婦の会話が無くなる⁉︎

付き合っている頃や新婚の時期は、一緒にいて楽しい人だと思っていたのに徐々に変化していくケースは多いそうです。
夫婦の会話がなくなる時期として、結婚3年目を過ぎたあたりからが要注意です。
徐々に会話が減っていき、寂しい気持ちを抱えてしまうことも多いようです。

日本がほぼ最下位……。1日あたりの夫婦の会話時間ランキング(50ヶ国)

ネプ&イモトの世界番付のランキングによると、1日あたりの夫婦の会話時間ランキング(50ヶ国)で、日本は48位で1日あたりの夫婦の会話時間は53分、ほぼ最下位でした。
1位 オランダ 4時間24分
2位 ポルトガル 2時間48分
3位 ブラジル 2時間38分
48位 日本 53分
※世界50ヶ国5,300人以上の番組アンケート
(ネプ&イモトの世界番付より)

1日あたりの夫婦の会話時間1位はオランダです!
4時間24分は個人的に少し長い感じがしますが、コミュニケーションをしっかりすることはパートナーシップで大切なことだと思います。

欧米の男性は、家に帰った後は家族の時間を大切にする意識が強い!

海外では仕事が終わるとすぐに家に帰り、家族と一緒に時間を過ごします。
日本人の男性は仕事を終わってから、付き合いで飲みに行くことや残業で帰りが遅くなるケースが多いとのことです……。
また、長期休暇をもらうことが難しいので必然的に家族と過ごす時間が減ると思います。
日本がほぼ最下位で、1日あたりの夫婦の会話時間ランキングであることは日本人の夫婦のコミュニケーションに問題があるというよりも、日本の仕事環境も大いに影響していると思います。

国際結婚をして思ったこと

英語では、挨拶で「How are you?」と言います。

仕事から帰って来た後に、

「How was today?」今日はどうだった?

と夫婦でその日1日をシェアすることも珍しくありません。

夫とわたしの間では、英語で話すことが多いのでそれが日常です。
わたしは、家族の時間を大切にしている欧米スタイルに幼少期から憧れていたので、小さな出来事でも話をしっかり聞いてくれる夫にとても感謝しています。

今日がどんなことがあったのかを少しの時間だけでも相手に話すことは、それを1年間365日する夫婦と何も話さない夫婦では、会話の時間が全然違うと思います。

欧米では、仕事は生活でお金が必要だからしているだけで、必要以上に残業をしたくない、仕事の付き合いで家族の時間を犠牲にしたくない! と思っている人が多いみたいです。

空気を読まない方が、夫婦のコミュニケーションが増える!

これは持論ですが、日本人の奥ゆかしい国民性が夫婦の会話を減らしているように感じました。

日本人の夫婦の会話が減る原因を調べていたら、日本人が空気を読む国民性だから会話が減るような要因も多く見られるのです。

日本人夫婦の会話が徐々に減る理由の中に、【ある程度相手の言うことが読めてしまうため、言う前にその気が失せてしまう】という回答があります。
一緒に生活しているうちに、相手の反応を先読みしてしまい「これを言ったところで、どうせこのような反応だろうな」と考えてしまい会話をする前に話すことをやめるそうです。

また、 相手がスマホやパソコンに夢中で【そもそも反応がない、聞いていない】から最初から話しかけることを諦めてしまうケースも多いそうです。

日本人の奥ゆかしさは、上品で控え目で気配りができてとても魅力的ではあります。
これは空気を読む日本人の素晴らしい一面でもあります。

しかし、
●会話しなくてもこういう反応だから会話をやめよう
●スマホやパソコンに夢中だから会話をやめよう
と空気を読みすぎると、会話ができなくなると思います。

参考資料:本当は楽しく話したいのに……夫婦の会話が徐々に減る理由とは?

自分を愛し、相手を愛す夫婦の時間を楽しむ

ヨーロッパでは長期休暇がもらえることが多いので、夫婦で旅行に行くことを人生の楽しみにしている人も多いです。

「次の長期休暇にはどこに行く?」
など旅行の計画をすると自然と夫婦の会話も増えると思います。

引き寄せの法則〜プリンセスマインドとは、「自分を愛し、相手を愛す」ことです。

自分の時間を大切にすること(=自分を愛すこと)は、家族に接することにも余裕が持てるので、温かい気持ちでパートナーと接すること(=相手を愛すこと)ができます。

長期休暇でなくても連休や日帰りで温泉に行こう! と計画することも楽しいと思います。

結婚3年目にはお互い生活に馴れ合いマンネリ化し出す時期で、さらに子どもが生まれて家族が増えて、この時期に環境が変わる夫婦も多いそうです。

結婚3年目だもの、夫婦の会話が減って当然! と諦めるのか、私たちはこの時期を乗り越えられる! と前に進もうとするのかでも変わっていくと思います。

自分の心に余裕を持って夫婦の時間を楽しめたら素敵ですね。

この引き寄せの法則~プリンセスマインドブログの記事がスピリチュアルサイトトリニティに掲載されています。

トリニティでは書き入れなかったのですが、このコラムは過去に書いた記事にこの引き寄せの法則~プリンセスマインドを取り入れてリライトしました!

自分の時間を大切にすること(=自分を愛すこと)は、家族に接することにも余裕が持てるので、温かい気持ちでパートナーと接すること(=相手を愛すこと)

このルールを忘れなければ、良い方向に引き寄せられるように感じます。

みなさんにも素敵な引き寄せがありますように。

 

♦︎引き寄せの法則~プリンセスマインドブログ

※月間15万PV(アクセス)突破!
http://london-mei.com/

引き寄せの法則〜Princess Mind〜

応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る