国際結婚〜イギリスでマタニティライフに関しては、ヨーロッパと日本で文化の違いがかなりある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


写真はロンドンのNHS(病院)

国際結婚〜イギリスでマタニティライフ

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。
イギリスのマタニティーライフはこちらにまとめています。

今回は、国際結婚〜イギリスでマタニティライフに関しては、ヨーロッパと日本で文化の違いがかなりある!です。

I went to NHS today.

日本で購入できる!イギリスで大人気の妊娠線対策〝Bioオイル〟


スポンサーリンク







ヨーロッパの妊婦さんが強すぎて比較されると辛い

いつもとても優しい夫ですが、弱りかけている妊婦に夫は厳しいです。
ヨーロッパの妊婦さんってめちゃくちゃ強いんです。

夫の職場関係の妊婦さんも帝王切開して、病院側は入院を勧めましたが「大丈夫」とその日に帰ったそうです。
とにかくタフ。
イタリアの義母も自然分娩で夫を産んで、30分後には普通に歩いていたそうです。
産後にドーナツクッションを使ったか聞いたら、そんなの必要なかったとのこと。
強い((((;゚Д゚)))))))
そういうヨーロピアン基準が夫にあるので、夫は悪阻時期からかなりわたしにストイックです。

【はじめての妊娠+国際結婚ならではの文化の違い】が加わる!

↑妊娠24週の写真

気が合うので結婚したので、喧嘩もなく平穏に暮らしていますがそれでも難しさを感じるのは妊娠してからでした。
マタニティに関しては、ヨーロッパと日本で文化の違いがかなりあるので国際結婚とはこういうことか…と驚くことが多いです。
「こんな空気になるなら妊婦しなかったら良かった」
と今日、思わず言ってしまいましたがそんなことを言ったら赤ちゃんに可哀想だ!と気付きました。
これは一生言ったらいけない言葉だ。
もちろん、本心ではそんなふうには思っていませんが、それくらいマタニティの考え方が違います。
【はじめての妊娠+国際結婚ならではの文化の違い】が加わるのです。
ケンカになったり、言い合いにはならないのですが、お互いに【正しい】ことを言っているのに今まで住んでいた国が違うからその文化の違いに【なんで?】と納得できない空気が流れます。
昨日はじめてわたしが足を引きずって歩いている姿を彼は見ました。
日本人の旦那さんならば、大丈夫?と言ってくれそうですが、夫の場合
「なんでそんな痛そうに歩くの!?
妊婦さんの腰痛で、そんな痛そうに歩く姿、見たことないよ。
ヨーロッパの女性はプライドがあるから痛くても痛そうに歩かないよ」
でした。
ええええ!
厳しい…((((;゚Д゚)))))))

ヨーロッパと日本で文化の違いを感じること

まず、妊娠初期にもアクティブに!とミッドワイフ(助産師)にも夫にも言われます。

ダンベルを持つ以外の運動は何をしてもいい!と医師にも言われました。

わたしは悪阻があって、寝込む時期もあったのですがイギリス人の妊婦さんは出産の2ヶ月前までフルタイムで働く人が多いです。

とにかくイギリス人の妊婦さんは強いです。

また、イギリスでは出産後に特に問題がなければ即日退院です。

日本人は出産後に何泊かすると思いますが、ヨーロピアンの夫が聞いたらびっくりしていました。

「なんで、日本人ってそんなに弱いの?

なんでめいちゃんはそんな弱いの?」

と聞かれました。

夫は妊娠初期に水泳を勧めてくれましあたが、お腹を冷やしたくなくてやりませんでした。

悪阻でゲロゲロでしたがアクティブになれそうな日もありました。

今回が初産なので、どの程度動いていいか不安で妊娠初期は安静にしたい!というわたしの気持ちもありました。

妊婦の腰痛、杖VSマッサージ

わたしは杖を購入しようとしていて、夫が猛反対。

実際にイスラム教徒の人がやっている日用品雑貨屋さんに

◾️3ポンドの歩きにくそうな杖

◾️4ポンドの歩きやすそうな杖

◾️7〜8ポンドくらいの3分割に折りたたみでき杖

が売られていました。

買おうとする夫は猛反対で購入を諦めました。
杖をつくのは高齢者だし、杖をついたら腰痛は治らないからマッサージに行った方が良いとのこと。
「マッサージ代、出してくれるなら行くけど?」
そこは出すと言わない夫。

(↑将来のわたし達為に貯金してくれている夫。北のイタリア人でゲームは1円も課金しないくらい節約家)

マッサージは結局行っても一回じゃ解決しなさそう…

杖なら4ポンドだし、マッサージは結局行ってもこれからお腹が大きくなるから一回じゃ解決しなさそう。
出産後の骨盤矯正は、もう出産が終わっているからアリだとは思うけど。
結局、杖VSマッサージの提案はお互いに一歩も譲らず、解決しないのでNHSに行って医師に判断してもらいました。
当日、駆け込みでしたがたまたまキャンセルがあり診察してもらえました。
5:05に来てください、と言われて5:50くらいまで待ったら名前を呼ばれました。
臭いおばあさんが隣に座って来たから我慢できず移動し、次は咳き込む若い男性が隣に座ってきました。
ぎゃー。
風邪、うつさないでね((((;゚Д゚)))))))
腰痛だけで病院に行くには、かなり病院はリスキーな場所です。
可愛いイギリス人の女医さんが診てくれました。
妊婦の腰痛。
①杖購入
②マッサージ
どっち!?
そのジャッジは!?
医師の判断は①でも②でもなく新しい提案でした。

①杖購入
杖→杖は必要ないわよ
②マッサージ
マッサージ→マッサージは悪くないけど、妊婦さんには本当に優しくやらないといけない。
ではその新しい提案とは?
腰痛に詳しい病院を紹介する。
妊婦でも飲める痛み止め薬の処方

でした。

妊婦でも飲める痛み止め薬、腰痛の病院!?

↑医師が薬の名前を教えてくれて1.8ポンドで購入

Paracetamolは、どこでも薬局で買えるらしく、処方されなかったです。

過去に液体のParacetamolを薬局で購入したことがありますが、タブレットの方がキツいと薬局の人が言っていました。

本日診察をしてくれた女医さんは、可愛くて華奢な感じの女性でしたがさすがイギリス人。
妊娠中(2年前)に日本に2週間旅行をして、日光の山登りをしたそうです。
妊娠前は富士山に登ったとか。
日本が大好きだそうです。
腰痛の病院、どんなことをするのでしょうか。

仕事から帰ってきて、病院どうだった?と夫。


夫は仕事から帰宅後、パイナップルを切ってくれました。

仕事中の18時半頃にも「医師とお話できた?」とメールを入れてくれていました。
10月31日ハロウィン。
明日で結婚して1年。
2人だけの結婚記念日は明日が最初で最後。
来年の結婚記念日は、ベビが無事に生まれて、3人で仲良く迎えられますように。
国際結婚する予定の方、または国際結婚している方や妊婦さん。
異文化の混じるマタニティライフ、お互い楽しみましょう♪
そしていつもFacebookにコメントを下さる妊婦さん、先輩ママありがとうございます。
※1枚目の病院の写真の左側のママのゆりかご、小ぶりで便利そうです。
(夫曰く、ベビーカーのパーツでは?とのこと。そんなベビーカーがあるのか!)

Facebookの女性読者さんからのコメント

たくさんのコメントありがとうございます。

参考になりました。

日本で出産される方、イギリスで出産される方、イギリス以外の海外で出産される方、皆さんの参考になるようにシェアさせていただきますね。

マタニティ経験者さんのコメント、本当に心強いです!!

知っているかもしれませんが、日本では妊婦さんの腰痛改善や骨盤のために「トコちゃんベルト」が人気ですよ。

装着が面倒だったり着る服を選ぶんですが、産前産後どちらも使えるし、私が出産した病院では助産師さんも着けてると言ってました。良かったら(^-^)

妊娠中は嬉しいことはすごく嬉しく、悲しいことはすごく悲しく感じるので、余計に考え過ぎてしまうのかも。子育てでも文化の違いは出てくるだろうし、意見が違った時の乗り越え方を今からたくさん見つけられますように(^-^)長々失礼しました。応援してます♪(パイナップル美味しそう♡)

めい>トコちゃんベルト知らなかったです。
便利な商品があるのですね!
早速、Amazonで見てみました。

◾️青葉 トコちゃんベルト2 マタニティ 腰痛ベルト オフホワイト/紺 Lサイズ(トコちゃんベルト専門店MAMACHOICE)
◾️青葉 トコちゃんベルト2 マタニティ 腰痛ベルト オフホワイト/紺 Mサイズ(トコちゃんベルト専門店MAMACHOICE)
◾️青葉 トコちゃんベルト2 マタニティ 腰痛ベルト オフホワイト/紺 Sサイズ(トコちゃんベルト専門店MAMACHOICE)
ありがとうございます(*^^*)
ヨーロッパの妊婦さん、強いです 笑
出産2ヶ月前までいつも通り働いている人がたくさんいます。

ベビーカーにもつけられるし、車でのベビーシートにもなるし、ベビーカーからカチャンと外せるので寝てる赤ちゃんを起こさず移動できて便利よ。スーパーのカートにもこれごと乗せてる人いるでしょ?見かけない? ホントに赤ちゃんのときしか使えないけどね

めい>いやー、見たのは今回がはじめてです。
スーパーはベビーカーを押してお買い物しているママしか見たことないです。
パパがカゴを持っていたりします。
確かに、出産3ヶ月〜4ヶ月以内くらいしか使えなさそうですね。

半年くらいは使えるんじゃないかな。

クルマに載せるときはベビーシートマストだし便利よ。使える期間が短いだけに、手放す人も多いから、お古も手に入れやすいはず。私もフリマでお得にゲットして重宝したわ

産後はね、なんと言われようとくれぐれもムリしちゃダメよ。後で来るんだから。年いってから後悔してもはじまらない

めい>産後の無理は後で来るんですか!?
びっくり!
産褥期の間ということですか?

1ヶ月くらいはなるべく無理せずね。そうでなくても慣れない赤ちゃんの世話だけでも大変だから。後っていうのは中年以降ってことね。後からでは取り返しのつかないいろんな不調


文化の違いはもちろんあるけど、ヨーロピアンとアジアンでは、祖先からこんにちに至る食べ物や住んでた環境が違うんだから、体質も当然違うだろうし。日本人の方が痛みを繊細に感じるように出来てるのかもしれない。それは無理をしすぎると子どもに危ない体質だからかもしれない。そもそも日本人の方が酷く痛むのかもしれない。それは身体の構造上かもしれない。医学的なことはわからないけど、全て文化の違いと割りきらずに、無理のないように過ごしてね。
めい>わたしもそんな気がするの。
そういうデーターってないのかな!?
皮膚ガンとかは、白人と黒人の医学的データーが明確に出てるんだけど…実際に、日本人と韓国人は会陰切開率が高いんだって!
イギリスでは会陰切開しなくても、ママの出産の準備が整ったら伸びるようにできているから基本的にはやらないらしいよ!
うーん、どうだろ。
日本では、産科はなんだか忙しいイメージだからあまりそういう研究されてる気がしないなぁ。昔は出産は科学とか医療とは別次元で捉えられてたしね。ヨーロッパ人はそんなデータには興味ないイメージ(;^∀^)病気ではないからねぇ。へー、日本人や韓国人は伸びなくて、イギリス人達は伸びるんだ!!それこそ人種による身体の違いのひとつだと思うね!絶対それ以外にもありそう
めい>会陰マッサージやる気満々で、安産体質を目指していますが、でもね、そもそも東アジア圏の人種(特に日本人と韓国人)は会陰部分が伸びにくいんですって。。。
↑って書いてあった((((;゚Д゚)))))))
https://ameblo.jp/londonlife55/entry-12254221410.html
↑このリンク!
やっぱりあるのかな。日本人の駐在員さんが持てないような重いダンベルをイギリス人女性がヒョイッと持ち上げたりしているから、何か違う気はする。身体が大きい人も多いしね。

腰痛大丈夫??ウチは妊娠中かなり体調悪くて、産むまでつわりがあったから、そんな風に言われたらブチ切れてるな(笑)写真に乗ってるやつ、私使ってるよ!!チャイルドシートなんやけど、ベビーカーとドッキングできるねん(╹◡╹)ジョイーっていうイギリスメーカーのやつやから、調べてみて
あと、日本では腰痛にはとこちゃんベルトとか腹帯がいいって言われてるよ!!
うちの姉も腰痛酷くて、赤ちゃんが降りてくるとさらに痛そうにしてた
腹帯巻いたらましっていってた。ちなみに産後の骨盤矯正にも良いらしい

あれはベビーカーに付けられる赤ちゃん用カーシートだよ

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る