ロンドン南東部にある世界遺産都市「グリニッジ」で日本語教師の説明会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

13912715_1118456818239993_7407579777646915753_n

ロンドンで、日本語教師の説明会。

引き寄せの法則〜プリンセスマインド・コーチの仲谷めいです。
プリンセスマインドとは、「自分を愛し、相手を愛す」ことです。

今日は、ロンドン南東部にある世界遺産都市「グリニッジ」に、日本語教師の説明会へ行ってきました。

スポンサーリンク







ロンドン南東部にある世界遺産都市「グリニッジ」にあるキャンパス

当時の国王ジェームス1世の長男Prince of Walesを始め、王族のtutorを務めたSir Adam Newton (Dean of Durham)の邸宅として1607年に建立されたIIEL英国本部キャンパスCharlton Houseへ行ってきました。

ルネッサンスに影響を受けた英国の建造物としても注目されているそうです。

パワースポットの様な感じがしました。

ここの卒業生の日本語教師はレベルが高いそうです。
アジアと違い、欧米は実力があれば講師が大卒でなくても大学の日本語教師に採用するそうです。

その為、高卒の日本語教師がヨーロッパの大学の講師をする、といったこともあるそうです。

ミニ授業も体験。

Mt.Fuji is beautiful.
この『美しい』(形容詞)には、英語のbe-verbの成分が含まれている。

という内容でした。

英語と日本語の文法を比較すると面白いですね。

日本語教師にもレベルがあるそうで、このようなことを知らないで、先生になっていて間違えたことを生徒に教えていることも珍しくないそうです。

レベルがあれば、日本語教師は日本人の先生が教えると良い理由も学びました。

日本人は日本語を母国語として話すので、自然と身につきます。

しかし、外国人の角度からは大変難しい言語みたいで、高学歴なイギリスの日本語教師ですら、日本語のちょっとしたニュアンスが難しいそうです。

例えば、
今日は、富士山が【まるみえ】です。

という文章です。
日本人なら、ここにまるみえを使うのは変だと思いますよね。

こういう日本語のちょっとしたニュアンスの違いを理解できることは、日本人の日本語教師の強みだそうです。

ロンドンで、日本語教師の資格を取得したい気持ちがある!

5b41259a5f2a71841a5e313baca95961_s

ロンドンで、日本語はネットで調べた限り人気はないです。
ロンドンにいたら、英語ネイティヴでない人は圧倒的な割合で英語を学びたがります。

当たり前ですが、日本語の語学留学をしたい外国人は日本へ行きます。

わざわざ日本語が習いたくてイギリスに来る人はいません。

ただ、外国人のなかで、仕事で日本語が必要な人はいるみたいです。

でも、仕事ゼロではないみたいです。

ロンドンで、歯科衛生士をしてもつまらない気がして^^;

歯科衛生士の仕事は、患者さんが口を開けてるから、会話ができないことが難点です。

悲痛に顔を歪めて、キーンキーンと鳴る音に耐える患者さんの顔を見送る日々です。

あのキーンキーンって音、聞いてるこっちも快適なものではないです^^;

印象を練って、石膏流す(⇦正確には歯科技工士さんの仕事)くらいしか、ワクワクする仕事がない…

日本語教師は、お金にはならない仕事と言いますが、生徒さんと会話しながらできる仕事です。
やり甲斐がある気がするんですよ。

自分に向いている仕事を引き寄せるには?

324606446-e1466711050245

ただ、日本語教師が自分に向いているかわからないので、申し込む前にボランティアなどでだれか外国人に日本語を教えてみようと思います。

自分に向いてそう、という気持ちを確信に変えたいです。

わたしは、人前に立って、何か教えるの好きだし、人数が多くても、落ち着いて人前で話せると思います。

何より、昔から文章を書くのが好きなので、日本語にはかなり触れて過ごしていると思います。

本も好きで、小学生の時に、1年間に200冊くらい図書の本を読んで表彰されたくらいです。

ちょうど、今の時期、夏休みも借りに行っていました。

自分の好きなことを教えられるのは良いかと思います。

日本語教師されている方いらっしゃいますか?

 

わたしのFacebookです。

https://www.facebook.com/nakatanimei

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る