ブログからの書籍化は、男性より女性の方が有利? 自分のサロンや占いの本を出版したい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。
(この本の著者名は旧姓の仲谷めいです)
今回は、ブログからの書籍化は、男性より女性の方が有利? 自分のサロンや占いの本を出版したい!についてです。

前回お届けした「自分のサロンや占いの本を出版したい! 書店に並ぶ本を出版する方法」 の続きです。

スポンサーリンク







英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

ブログからの書籍化は、男性より女性の方が有利?

最近は、男性より女性の方が出版に対して、意欲的な人が多い気がします。
もちろん、個人差はありますが女性の方がブログでファンの獲得がしやすいです。
Facebookで顔を出したら「いいね!」がつきやすかったりします。
また、ブログのスタンプを上手に使いこなして読みやすいブログを書く人も女性が多いです。
そもそも、ブログやFacebookの更新が好きで楽しんでいるのは、女性の方が多い印象があります。
実際に、知り合いの男性経営者は「女性に比べて男性はFacebookの写真で不利。みんなおじさんよりも若い女の子が写真に写っていた方がいいね! を押しやすいみたい」と言っていました。
実際に、知り合いの男性経営者は「女性に比べて男性はFacebookの写真で不利。みんなおじさんよりも若い女の子が写真に写っていた方がいいね! を押しやすいみたい」と言っていました。
実際には、男性の著者にもたくさん出会いましたし、本を出版することに関しては男女で差があるようには個人的には思いませんでした。
ただ、確かに女性の方が顔出しをするブログならば情報発信する上でファンを集めやすいのかな? という印象はあります。

でも、結局はブログの質だと思います。
内容が良ければ引き込まれますし、興味が持てないブログならば読まれないと思います。

経営して○年。いつか本を出版したいけれどブログを始めるべきか?


経営して何年か経つと、本を出版したい! と思う人は多いです。
いつか本を出版したいので、何から始めたら良いかわからないからブログに綴るところから始める人もいます。
個人的な意見ですが、本を出版したいからブログを書くというのは遠回りだと思います。
自社をもっと知って欲しいからブログを始めるならば良いですが、ブログを書いたから出版できるのならば世の中のほとんどの人が出版できることになります。
ブログを始めて書籍化された人は文章のスキルをもともとどこかで得ていて、相当魅力的な内容が書ける! とわかってから始める人、またブロガーとして楽しく書いていて気付いたら人気ブログになっていて書籍化が決まる人に分かれる気がします。
ブログは文章を書くことが好きでないと続けることが大変だと思います。
ブログを始めたい! 始めようとは頭では考えているけれど、行動までは忙しくてできない! と言う声をよく聞きます。
〝とりあえず会社や自分自身を知ってもらう為に、ブログをはじめてみたものの三日坊主になってしまった!〟
〝このブログを読んでいる人、わたししかいないかも!〟
という感じで、
ブログを書いてみたものの読者がいない!
→やる気がなくなる
→〝忙しい!〟を言い訳にしてなかなかブログを書かない
→最終的にやる気がなくなる……
という流れは、よくあることです。

本を出版したいからブログを始めるのならば……
続きはAmazon Kindle『0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する! コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!』にて

◆ 著書『0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

発売記念特別価格 99円(2018年2月28日までの特別価格)
※読み放題の「Kindle Unlimited」メンバーの場合は無料でダウンロード可能。

出版プロデューサーについて

本を読んでいただけたら、ある程度の出版に関する知識を得られることが出来たと思います。
まずは企画書からということでしたが、
【出版社を自分で調べることが面倒!!】
【出版社の情報やリストが欲しい!サクッと企画書を送りたい】
【地方や海外など、出向かなくてもPC一台あれば、打ち合わせもお任せしたい】
という人向けにご案内致します。
出版社を調べなくても、金なし・コネなしで商業出版をしたい人も多いかと思います。
商業出版とは、1円もお金を掛けずにむしろ印税がもらえる出版方法でしたね。
わたしは今、イギリス・ロンドン在住なのでわたしが商業出版をしたい場合はこの方法で企画書を提出しています。
この方法を使うと、出版社を自力で調べないでラクに企画書を多くの出版社にみてもらえます。
※ラクに企画書を提出し、大手の出版社とも関われる可能性がありますが出版を保証するサービスではありません。

ご案内プログラム

著者志望の人から企画を集め、ブラッシュアップしたうえで出版社・編集者に共有し、そこから商業出版を実現するというプログラムです。
登録している編集者は約1,000人とのことですから、自分で回るより圧倒的に効率がいいわけですね。
著者志望の人から企画を集め、ブラッシュアップしたうえで出版社・編集者に共有されます。
そこから商業出版を実現するというプログラムで、実際にそのプログラムから出版された友人著者さんもいらっしゃいます。
登録している編集者は約1,000人とのことですから、自分で回るより圧倒的に効率が良いですね。
今回、このプログラム情報はあまり誰にも教えたくないのですが情報をお売り致します。

購入特典!

わたしがこのプログラムでどのような書き方で企画書を提出しているのか実際の企画書もお付けしました!
編集者の方に
「めいさんの熱意がすごく伝わる企画書でした」
と言われたくらい熱い企画書です。
この情報を知りたい方は、下記からご購入ください。
※ノークレーム、ノーリターンでお願い致します。
この情報は既に知っていた!と言ってしまうかもしれない方は絶対に購入しないで下さい。
※絶対に書籍化できる保証はありません。しかし、自分で企画書を提出して回るより圧倒的に効率が良いです。
詳しくはこちら→今すぐ出版の企画書を調べなくても送りたい人向け!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

著書


0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る