橋の下で拾ってきた子の話とインナーチャイルド。 わたしが我が子に1番に伝えたいこと! Part.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

橋の下で拾ってきた子の話はインナーチャイルドに影響する? 今でもトラウマ⁉︎ Part.1の続きです。

スポンサーリンク







橋の下で拾ってきた子の話。わたしが我が子に1番に伝えたいこととは?

皆さんは小さかった頃、「あなたは橋の下から拾ってきた子どもなんだよ」と家族に言われたことはありませんか?

小さな子どもにはショックな言い回しですよね。
今回は、橋の下で拾ってきた子の話とインナーチャイルド。わたしが我が子に1番に伝えたいことについてです。

子どもの頃に言われて嫌だったから、我が子には絶対言わない!


わたしは今月、臨月です。
もうすぐ出産ですが、我が子には絶対に〝橋の下で拾ってきた〟とは言わないと決めています。

〝橋の下で拾ってきた〟と我が子に伝える意味がわからないからです。

パパとママから愛されて生まれてきたということをまず1番に伝えてあげたいです。

わたしは長い間、幼少期に家族と話した「橋の下の子」のことは忘れていました。

妊娠してから当時のことを思い出しました。

まず何を我が子に1番に伝えたいのかを考えた時に、あなたは家族の〝愛情〟にたくさん包まれているということを言葉にすることが大切だと思っています。

もちろん、いつか生まれてきた息子と喧嘩することもあるかもしれません。

そういう時にイラッとして、〝橋の下で拾ってきた〟なんて言いたくなるのかもしれません。

それでも、なるべく違う言葉を選んで、この言葉は自分の子どもには言いたくないなと思います。

お腹の赤ちゃんに話し掛ける胎教効果で愛される子に!


お腹の赤ちゃんに話し掛けると良いと聞いたのでよく話し掛けています。

またママが妊娠中にリラックスしていた方が、生まれてからも精神的に安定して人から愛される子に育ちやすいそうです。

音楽を聴いてリラックスすると良いそうで、日中にクラシックやオルゴールの曲を流したりもしましたが、眠くなりますね。笑

わたしは ヒプノバーシング を習ったので、その時にもらったリラックスして出産ができるアファーメーションを一緒にしたリラクゼーションのCDを聴いています。

また、なるべく夫がいる時は、お腹に手を当ててもらう時間を作ってもらっています。

朝や寝る前などは夫婦2人で息子に話し掛けています。

「おはよう。元気?」
「おやすみ。夜だから寝ようね」などです。

夜だから寝ようね、は夜に寝ようとしていたらお腹の中で赤ちゃんが動いていて寝付けない時に夫が息子に言っています。

「今日はパパがお仕事、お休みだよ。嬉しいね」
「パパがご飯を作ってくれたよ。美味しいね」
「パパもあなたに会えることを楽しみにしているよ」

など、父親もお腹の中にいる時から生活の中に存在していて、あなたを気にかけているのよ、ということをわたしから息子に伝えています。

今回の記事で書ききれなかったことは、ブログのこちらの記事に書いています。ぜひ読んでみてくださいね。

次回、橋の下で拾ってきた子の話。マタニティフォトがインナーチャイルドを癒すことに繋がる理由Part.3についてお伝えします!

次回もお楽しみに!

心の悩み相談〜インナーチャイルドを癒してもらえるセラピー

インナーチャイルドを癒してもらえるセラビーがあります。

親子関係だけでなく、受験や仕事や友人関係、婚活、恋人など全てがインナーチャイルドに関係していることが多いです。

子育てに自信がなくて育児がつらい、毒親に育てられたなど、いい親になろうと頑張りすぎて疲れてしまうママやパパもそうです。

悲しんでいる内なる子ども=インナーチャイルドがいるからです。

インナーチャイルドはあなたが気づいてくれるのを待っています。

インナーチャイルドの声に耳を傾けてみませんか?

※オンラインでメールで鑑定できるので、海外でも日本からでもどこでも可能です。

インナーチャイルドセラピーの申し込み手順

ココナラ というみんなの得意を気軽に売り買いできるスキルの フリーマーケットサイトに 無料登録 します。
②検索で【インナーチャイルド】と打ち込みます。

③インナーチャイルドセラピーの相談について内容や金額がが出てくるので好きなサービスを選べばOKです。

500円から5000円以内でやってもらえるので良心的です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る