ロンドンで子育て中。イギリスは素敵な国だと思うこと、サポートが手厚い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロンドンで子育て中。

ロンドンからこんばんは。

パバンめいです。
わたしはイタリア人男性と国際結婚し、現在ハーフイタリアンの息子を子育て中です。

♡人気記事♡

❤イタリア人の夫とワーキングホリデーがきっかけで出会った時の話とイタリア人男性の出会い方について→

わたしが妊娠してイギリスのAmazonで購入したもの


スポンサーリンク







宇多田ヒカルさん、離婚したんだね。

息子もハーフイタリアンなので宇多田ヒカルさんの離婚、ちょっと残念。

イタリア人のご主人さんでロンドン暮らしで、息子さんがいて勝手に親近感を感じていたから残念…
でもきっとバンビーノは可愛いだろうね。
男の子には異性の可愛さがありますね。

息子がおっぱい大好きでとても嬉しいんだけど、寝ないで毎時間おっぱいを欲しがります。
今日は17時から5時間続けて毎時間、おっぱいをあげていました。
寝たかな?と思ったら寝てないですねー。
哺乳瓶もあげているんだけど、おっぱいが大好きみたいです。
かわいいので、ぎゅーって抱きしめて見つめ合ったりしています。
息子とラブラブ💓
赤ちゃんの顔を見ているから、この前久しぶりに夫の顔を近くで見たら凹凸がすごくあって驚きました。
息子も顔立ちが結構、ハッキリしてるんで将来的には凹凸のある顔になるのかなぁ。
実母が息子の写真をプリントしているよ、とLINEで教えてくれました。
実母からも義母からも息子は愛されていて、幸せ者ですね。
実母がプレゼントしてくれたファミリアの肌着が大活躍しています。
もう疲れちゃったから、シャワー浴びるのも面倒だなぁ。
今夜は看護師さんに息子をお願いしたから、ゆっくり寝ようと思います。

ママ、クタクタ。イギリスはステキな国だと思うこと

病院生活、有難いです。
ベビーナースさんが居てくれるから、赤ちゃんの面倒を見てくれて助かります。
イギリスっていい国だなぁとこういう時に思います。
すごくサポートしてくれるから助かります。
出産も無料だったし、何だかんだで物価は高いけれど医療費が無料って最強だと思います。
出産に関しても、子どもが病気をした時に関しても、なるべくナチュラルな医療を目指してくれています。
変なものはくれないし、必要最低限しか薬は処方しないので良い国だと思います。
わたしの出産も、予定日から11日経っていたけど陣痛促進剤なしで水中で自然分娩をさせてくれました。
息子が大きかったからちょっと不安だったけど。
今日、話した看護師さんは6㎏の娘さんを帝王切開で出産したらしい。
ご本人は7㎏で生まれたらしいです。
体型は普通の人なので、凄い!と驚きました。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

著書


0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る