イギリスのホームオフィス。被害総額、喪失感はてるみくらぶレベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イギリスのホームオフィスの罠

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

被害総額、喪失感は、てるみくらぶレベルですが、明日からの国内旅行♡楽しむね。

スポンサーリンク







UKから出られなくなった

日本に帰国予定していました。
帰国の為に、結婚式の写真や旅行、身内との食事。
全てキャンセル。
なぜか?
イギリスのてるみくらぶにヤラレタからです。
パスポートを返してもらえず。
こういうショックって被害者にしかわからないと思います。
帰国できると思って、帰国できないショックって大きいです。
アホらし〜。
しかし、日本のてるみくらぶの方がマシな気がします。

イギリスのてるみくらぶは、謝りもしないどころか逆ギレ

イギリスのてるみくらぶは、謝りもしないです。

むしろ、
「え?仰しゃっていたことと違いますよ?
パスポート返してくれるって言いはりましたよね?」
って聞いたら
「は?そんな文句あるなら全ての申請を取り消すぞ!」
と逆ギレされました。
いやー。

夫がいなかったら、申請キャンセルして帰国していた

夫がいなかったら、申請をキャンセルして帰国していたけれど、申請キャンセルしたらもうイギリスに入国すらできないんじゃない!?
というレベルです。
いや、夫がいなかったら
イギリスに入国できなくてもなんかどうでもいいけど、
さすがに
家族のいる国に入国できないとかヤバイよね。
怖いわ。
ちなみに、わたしはイタリア人と結婚したからラクだったけど、イギリス人とは結婚するのはもっと大変です。

イギリスで暮らす手続きは【世界一】難しい

とにかく、イギリスで暮らす手続きは【世界一】難しいと言われています。
本当に難しいです。
ただ、ヨーロッパってさ。
イタリア語だの
フランス語だの。
難しいのよ。
やはり、イギリスは英語だからさ。
イギリスが英語の国でなかったら、こんなビザも大変ならば、住みたくないけど
英語環境は神だよ。
英語なら、わたしも自分の言いたいことも話せるし。
イギリスのホームオフィス。
別名
イギリスのてるみくらぶ。

前回の記事はこちら

あと5年くらいパスポートが戻らず、日本に帰国できないかも。

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

著書


0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る