【イギリスで引っ越し】郵便物の転居・転送サービスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イギリスで郵便物の転居・転送サービスをしたい場合

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

イギリスでも、引っ越しをしたら住所を転送してもらえるサービスがあります。

スポンサーリンク







郵便物の転送は手続きは郵便局でできる

郵便物を引っ越し先に転送してくれる便利なサービスをイギリスでも利用できます。

このサービスを利用すれば、前に住んでいた家にわざわざ行かなくても新しい家に旧住所宛の手紙などの郵便物が届くので大変便利です。

このサービスはブラジル人の友人が教えてくれたのですが、郵便局で何と言えば良いのかサービス名がわからなくて大変でした。
郵便局の人の対応も個々に差があります。
最初に話した人(移民の女性)は、仕事中でもプライベートの電話をしている様子でした。
わたしを見て、電話が終わるまで待って!と言われて、英語で転送サービスについて伝えても
「そんなサービスない!!」
と言われました。
イギリス人の女性が、
「この人じゃ話にならないから、奥にいる郵便局のスタッフさんに話したらいいわよ」
と言ってくれて、その列に並びました。
「そんなサービスない!!」と言った女性は
「あんたー!わたしを信じられないの!?」みたいに言ってきましたが無視しました。
はい、信じられません。
転送サービスがあるって友人が教えてくれたからあるのはわかってるし。
ただ、サービス名がわからないのはわたしの落ち度でした。
イタリア人の夫に聞いてもサービス名はわからないとのことでした。
こういう時、イギリス人のご主人さんだと良いのですが、イギリスで暮らすわたし達は外国人です。
お互いの母国語ならわかるけど、英語で何て呼ぶかわからないことがたまにあります。

新しく並んだ列の郵便局のスタッフさんは、わたしの拙い英語の説明で理解してくれて書類を渡してくれました。
この書類に必要事項を記入して、改めて持って来てねと言われました。
ちなみにこのサービスはなんて言う名前ですか?と聞いたら【リダイレクトメール】と言われました。
なるほど、そう言えば転送サービスの書類がもらえるのか、と1つ勉強になりました。

イギリスでは無料で転送してくれない


日本だと無料でできる転居・転送サービスですが、イギリスでは有料です。

UK address(VAT Exempt)

※Price per different last name

3ヶ月£33.99(5171円)
6ヶ月£46.99(7149円)
12ヶ月£66.99(10191円)

日本ならば届出日から1年間無料でやってくれる転送サービスですが、イギリスでは約1万円が必要です。
ちなみに、EU内やRest of the Worldもあります。
つまり日本に転送してもらうことも可能です。
イギリスから日本への転送は、1年間で£243.99(37119円)です。
1年間に3万7千円払ってでも転送する価値がある手紙が届くのか考える必要はありますね。
ちなみにEU内だと近所だから日本に転送するより安いのかと思ったら、税金の関係でもっと高いです。
例えば、イタリアに転送したい場合1年間で£292.99(44572円)必要になります。
※2017年12月のレート、1ポンド152円で計算

ちなみに夫婦別姓ならば2倍支払う必要がある!

Price per different last nameと書いてあるので名字が違う場合は、個々で金額が必要になります。
カップルはもちろん、イギリスでは夫婦別姓も可能なので国際結婚して名字を変えていない場合も上記のUK address(VAT Exempt)の2倍支払う必要があります。
11月1日に転送の書類を郵便局でもらったのですが、結局申請までにかなり時間が経ちました。
旧姓の名字の登録もたくさんあるので2倍支払うかどうするかを考える必要がありました。
そして、これを機に全部夫姓にしようゼ!!ということにしました。
今、夫婦で1番大事な書類は病院(NHS)からの手紙です。
妊婦健診などについては、手紙でお知らせが来ることも多いです。
わたしは旧姓で放置したままだったので、NHSで名前を夫姓に変えた旨を伝えに行きました。
パスポート(旧姓と両方)と結婚証明書を持って行きました。
イギリスの銀行カードも旧姓のままですが、できることから夫姓になった手続きをすることにしました。
夫と話し合って、とりあえず6ヶ月£46.99(7149円)を夫姓で申請することにしました。
この後の申請が超大変だったのですが、長くなったので続きは次回!

後編はこちら

【イギリスで引っ越し】郵便物の転居・転送サービス〜手続き編

Facebookの読者さんからのコメント

dawg私もイギリスから離れる際,このサービスの利用を考えたのですがあまりに高いので止めました^^;。

めい>わかります‼️
何年くらいイギリスに住まれてましたか?

長期滞在だった場合、使わなくて困ったことありましたか?
わたしはオーストリアから帰国した時に使いませんでしたが、何一つ困りませんでした^ ^

3年半ですね>イギリス滞在。困ったことはありませんでした^^;。

めい>ですよね。
わかります。

ちなみに、日本に帰国した時に銀行には日本の住所になることを伝えたのですか?

伝えて住所変更しました。未だにBank StatementがUKからNatwestから来ますしキャッシュカードも使えますが、残高は0です(笑)。

パバンめいのFacebook、Twitter

ブログを読んでいただきありがとうございます。
FacebookやTwitterもやっていますので、お気軽に覗いてください♪
(コメントも大歓迎です)

🔻Facebookフォローはこちら🔻

Facebookフォロー

🔻Twitterのフォローはこちら🔻

Twitterのフォロー

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

著書


0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る