イギリスで出産〜イギリスで冬出産のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イギリスで出産〜イギリスで冬出産のメリットとデメリット

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。
イギリスのマタニティーライフはこちらにまとめています。

今回は、イギリスで冬出産のメリットとデメリットについてです。

Thank you,everyone!!! I’m 3rd trimester!(36weeks pregnant). They gave there seat for me in the train!


♡人気記事♡
【出産のご報告】水中出産×ヒプノバーシング。自然分娩で陣痛も出産もあまり痛くなくて眠たかった体験談Part.1
❤イギリス人男性の出会い方→


スポンサーリンク







妊娠第33週。周りの人に助けられて乗り切っている!感謝!

イギリスは本当に妊婦さんに優しい国だと日々思います。

ぜひ第二子もイギリスでマタニティライフを過ごしたいです。

ただ、もし計画妊娠できるならば二度と冬出産はしたくないです。
秋か冬に仕込めば夏に生まれますね!
冬出産が大変とか、そんな情報知らなかったから自分の経験を通して勉強になりました。
特にイギリスでは、冬出産は夏出産よりデメリットが多い気がします。
多分、日本ならば夏が暑すぎるので冬出産も魅力的かもしれません。
特に先月のイギリスは寒かったので、今も風邪も長引いて大変ですが周りの人の優しさで精神的に安定しています。
まず、この一週間かなりの人に電車を譲っていただきました。
(インド人、黒人さん(顔で国籍までわからない)、イギリス人がかなりの確率で変わってくれます)

冬出産のデメリット

↑先月降った雪のロンドンの写真。

この日の外出は夫と終始手を繋いでしっかり支えてもらいました。そうしないと滑ってしまってこけそうでした。

冬出産のデメリットは…
・コートでお腹が隠れるから夏より妊婦と気付いてもらえない!!←これが本当に辛い

(妊婦だとわかってもらえない場合、電車やバスで人がぶつかってこないか心配。
特に外人男性って日本人男性より身体が大きいから、要注意‼)
・服だけでなくコートもマタニティ用に用意しないと妊娠前のサイズが入らない
・妊娠後期で風邪を引いたら治りにくい
・流行の風邪が心配(インフルなど予防接種済み)
・妊娠後期は検診が増える。
冬に外出が増えるのが大変だし、病院で脱衣も面倒。
・温度調節が大変(室内は暑いし外は寒い)
・道が凍っていて滑りやすい
・天気もどんよりしてるし、なんか気持ちもうつりそう
・夏出産より出産時に病院に持っていく服(自分&ベビ用)が増える
・寒い季節に生まれるから、赤ちゃんが風邪引かないか心配
・イギリスの最高に帰国が良い旅行ベストシーズンの夏前や夏の気候が良い時に出かけられなかった。
悪阻で引きこもっていて、時間の過ごし方がもったいない…

あと、マタニティフォトも夏に臨月だった妊婦さんはロンドンの美しい青空と一緒に自分たちで撮影されていました。

さすがにどんより曇った寒いこの時期に野外撮影はできないので、スタジオを予約しました!

冬出産のメリット

ちなみに冬出産の妊娠中のメリットは、夏の悪阻がゲロゲロの時期にアイスクリームが美味しいことぐらいです。
あと、やっぱり冬出産だと夫も心配になるみたいで湯たんぽを購入してくれたり温かいご飯を作ってくれたりと優しいです。

今朝も風邪が治るように、早起きしてくれて蜂蜜ティーを作ってくれました。

そして、昨日の夜は夫は仕事で夜の10時半くらいに帰宅だったのですが、わたしが夕食をまだ食べていないと伝えたらささっとお好み焼きを焼いてくれました。

お肉がなかったので、具はキャベツが入っています。

卵と薄力粉でささっと作ってくれて嬉しかったです。

早く食べられるカップ麺かうどんでも食べようかと思っていたのですが、夫が15分くらいで写真のお好み焼きを焼いてくれました。

冬出産のメリットは、人の優しさで心がぽかぽかすることでしょうか。

電車の席もそうですが、冬の方が人の優しさが沁みます
(/ _ ; )
ありがとう!!

冬出産の必須アイテム

↑夫が購入してくれた湯たんぽ。届いた日(4日)から早速使っています。温かいです。

可愛い柄がたくさんあり、どれが来るのかはお楽しみの湯たんぽでした。

夜にお湯を入れても朝方までポカポカではないですがぬるくて温かいです。

湯たんぽがある日の方が確実に温かいです。

妊娠中は足や腰を冷やさない方が良いのであってよかったアイテムです。

http://amzn.to/2ol4DGY

冬出産の帰省は良かった!

あと、わたしはちょうど妊娠31週と32週の時にイタリアの夫の実家でクリスマスを過ごしました。

(ちなみにわたし達が乗った飛行機は妊娠34週目からは妊婦さんは乗れない飛行機でした)

もう、妊娠後期だとお腹も大きいし、明らかに見た目が妊婦なので気軽に好きなタイミングで休ませてもらいました。

別に妊娠初期でも中期でも、もちろん休めば良いです。

ただ、親戚が集まっている中で抜けにくいかな?と躊躇しそうですが妊娠後期の妊婦の存在感は大きいです。

見た目が明らかに妊婦なので、周りの人がすごく気にかけてくれました。

夫にも

「ちょっと疲れたから部屋で休んでくるね」

と言いやすかったです。

実際に、妊娠後期で疲れやすかったのでゆっくり夫の実家で休めて良かったです。

また、有難いことにもうすぐ出産だからと赤ちゃんグッズをたくさんいただきました。

冬出産の産後のメリットは?

↑夏のロンドンの公園。
産後には、赤ちゃんの首が座る頃が夏だから夏にたくさんお出かけができるみたいです。
それは嬉しいですね^_^💕
ま、ぶっちゃけイギリスでは、生まれた次の日からママが赤ちゃんを連れ回してたりしますが…
予定日まであと6週間と2日!!

明るい家族計画作戦!!


ただ、妊娠って授かりものなので秋か冬に仕込んで授かれるかわからないです。
授かっただけでありがたいですしね。
でも夏出産の妊婦さんが羨ましいです。
とりあえず、春に仕込みさえしなければ冬出産は避けられます。
どのみち、2月出産で春に仕込めないから問題ないです。

イギリスで冬出産の妊婦さんへ

残り少ないマタニティライフ!!!

もうすぐ赤ちゃんに会えますね^^*

体調に気をつけて、一緒に乗り切りましょう!!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

著書


0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る