イギリスでナローボート暮らし。 夫と運河で新婚生活Part.28

  • 2017-10-21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【スピリチュアルサイトTRINITY連載第79回目】

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。
イギリスでナローボートを購入して、運河でイタリア人の夫と暮らしています。

スポンサーリンク







ナローボート多くの子どもにとってもは不思議な存在

ナローボートに興味があるのは、実は大人だけではありません。
ナローボートに興味を持ち、夢を抱く子どもがいます。

実は、多くの子どもにとってもナローボートは不思議な存在です。

まだナローボートに引越しをする前、シェアハウスと行き来しながら夫はボートの内装作業をしていました。
その時に、運河沿いを歩いている親子がこんな会話をしていたそうです。

ナローボートは小人さんが住んでいる⁉︎

子ども『ママ~。
ボートに扉がついているよ~!
このボートには小人さんが住んでいるの?』

ママ『本当に小さな扉ね。
きっと小さい人が住んでいるのね』

と話していたと夫が話してくれました。

確かに、ナローボートは、子どもからしたら不思議な存在のボートでしかないでしょう。

ナローボートは水に浮かんでいるので、ボートの一部は沈んでいます。
その為、沈んでいないボートの外観だけだと、とても小さな扉で小人さんしか住めないようなサイズに見えます。

子どものアイドルになれる⁉︎ ナローボートのクルージング

ナローボートでクルージングをしていると無邪気に子ども達が手を振ってくれます。
運河沿いの道や橋の上から小さな子ども達が興味津々でクルージングしている人達を見ていることが多いです。
また、子どもだけでなく大人もかなり興味深そうに見ています。
実際にわたし達夫婦も
「こんな暮らし方があるんだね」と興味深く見ていた時期があります。
(その時はまさかナローボートを購入するとは思っていませんでした! その時の様子はPart.5にて)

気分は、ロイヤルファミリー♪


子ども達が手を振ってくれるので、ずっと手を振っていたら
「そんなにずっと手を振ってなくていいよ」と夫。
気分はパレードしているロイヤルファミリー気分です。
わたしに手を振っているというよりは、子ども達は【ナローボートに乗っている人】としてだとわかっていますが楽しいですよ 笑

子ども達だけでなく、すれ違うボートに乗っている人達も挨拶として手を振ることがあります。

純粋で可愛い子ども達だけでないナローボートの生活現実


今年の7月の話。
公営住宅の近くにナローボートを留めていた時のことです。
夫が仕事に行っていて、わたしだけがボートにいた時に子どもにイタズラをされたことがあります。
それ以降は同じ場所に留めていてもないのですが、ナローボートの窓に石を投げられました。
何事かとわたしが窓を開けたら何人かの子どもがいてFがつくあの言葉を手の動作と一緒に投げつけてきました。

近所の多分近くの公営住宅の子どものイタズラだと思います。

調べてみたらイギリスの警察の電話番号は999でした。

夫に連絡したら、仕事中なのに仕事先から慌てて飛んできてくれました。
警察に電話しようかと思いましたが、すぐに警察の番号がわからず……

子ども達はもういなくなっていましたが、友人に話したら警察に電話して、学校にも言った方がよいよとアドバイスしてくれました。

夫がいる日だったら、彼は背が高くて身体も大きいので、子ども達も怖がったかもしれません。

ナローボートにこんな大きな人が住んでいるのか⁉︎ と驚いたかもしれませんね。

次回もお楽しみに!

イギリスの運河でナローボート暮らしをしている日本人はまだ少ないので、取材などもいただいています。
ブログにナローボート情報を更新しています。

ナローボート生活のYouTubeもアップしていますので、興味のある方はぜひご覧くださいね。

ブログが新しくなりました!

♦国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方
http://london-mei.com/

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

著書


0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

KindleのことがわからないからPDFで読みたい!と言う方へ

こちらはKindleのアプリ不要!

スマホからでもパソコンからでもラクラク読める!!

本の内容がPDF化されました!

こちらから購入できます!
3万7千文字PDF!出版する為のノウハウを教えます 本を商業出版したい方、書店に並ぶ本のノウハウを知りたい方!

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

カテゴリー

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る