イギリスでナローボート暮らし。 夫と運河で新婚生活Part.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


ナローボート暮らしを始めたきっかけについて書いている過去記事はこちら(Part.1

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

イギリスでナローボートを購入して、運河でイタリア人の夫と暮らしています。

スポンサーリンク







安い価格でナローボートを購入して高く売る

『めいちゃん、ナローボートで暮らすのはどう?』
昨年、夫が提案してくれた一言から始まったナローボート暮らし。

夫は、安いナローボートを購入して、住みながら作業をして将来的にボートを購入した金額以上で売ろう!と具体的に計画をしてくれました。

安いナローボートと言ってもボートなので安くは購入できません。
なるべくローンを組まなくてよい一括で購入できる価格のボートを購入しようということになりました。
(と言っても何百万もするので、わたしは持っていませんでしたが……)

もしも、将来的にナローボートを購入した金額で売れたならば住んでいた期間の家賃は無料になります。

そしてナローボートを購入した金額以上で売ることができたならば、それはとても嬉しい話です。

それは夫にとって大きな投資でした。

イタリアでコツコツ貯めていた貯金も全てナローボートの一括購入に充ててくれたのです。

そのお陰でわたし達夫婦はロンドンで家賃に追われない生活を手に入れました。

購入した時のボートのキッチン


(↑購入した直後のナローボートのキッチン)

オーナーが女性だったみたいでインテリアがとても可愛くて、キッチンも4つのコンロがあるのでとても素敵だと思いました。

しばらくの間、使われていなかったナローボートなので購入した時は、蜘蛛の巣がボートの中にも張っていました。

見た目はすごく可愛いインテリアでしたが、老朽化が進んでいて実はかなりボロボロでした。

わたし達はシェアハウスに住んでいたのでその間にある程度の作業をしました。

ベッドも小さかったので、2人で眠れるサイズにする為に夫が木を買ってきて大きくしてくれました。

ナローボートのキッチンのお掃除


(↑実際の写真。ナローボートのキッチン掃除の様子。)

わたしは夫とキッチンのお掃除ボート暮らしをすると決めてから、イギリスで掃除の仕事を始めました。

掃除のことが全くわからなかったので、掃除の仕事を通して技術を磨こうと思いました。

掃除のお仕事は、わたしにたくさんのことを教えてくれてキッチンのお掃除のやり方も習得できました。

ナローボートのキッチンは汚れでギトギトでしたが、ピカピカにお掃除をしました。

今では綺麗に磨かれた快適なキッチンになりました。

電気も何色の明かりを付けるのかを一緒に選んだり、ボートの壁を何色に塗るのかを考えたり……

カーテンの布をデパートで選んだ日

カーテンについて書いている過去記事はこちら(Part.14
カーテンの布はなかなか選べなくて夫と何時間もデパートに滞在していました。
途中でデパートのカフェでティータイムをして……
結局、その日は布を決められず、後日仕事帰りにわたしが一緒に決めた柄の布を購入しました。
新婚だからかもしれませんが、ナローボートの作業自体がデートでした。

今思い出しても、新婚生活で共同作業ができて良かったと思います。

「この人(夫)とならば、どんな環境でもサバイブできそうだ!」
と思えたからです。

予定外にウォータータンクが壊れていたので、それには少し驚きました。

蛇口から水が出ないのです。

つい最近まで容器に水を汲んで暮らしていました。

電気に関しては改めて詳しく書きたいと思いますが、風力発電できるはずの風力発電機(wind generator)も壊れていました。

その為、夏前までは冷蔵庫すらない環境でした。

その後、ソーラーパネルを取り付けて、太陽光発電をしてからは冷蔵庫が使えるようになり、冷たいお水が飲めるようになりました。

タイで暮らしていたわたしの経験が活かされた時

普通の女性ならば
「え! そんなボロボロのボートに住みたくない!」
と言うかもしれません。

わたしの実家は、大変住みやすい環境でした。

阪神淡路大震災後に家が潰れた母方の祖父と祖母の為に、父親が二世帯住宅として新築で建ててくれました。
リビングに充実したキッチン。
足の不自由だった祖母の為にエレベーターがあり、お風呂でラジオが聴けたので入浴タイムも癒しのひと時でした。

そんなわたしでしたが、ある時に微笑みの国、タイへ飛び立ちます。

はじめて宿泊したタイのゲストハウスは、え? こんなクオリティの建物なの⁉︎ と言うような環境でした。

「温かいお湯のシャワーが出るよ~」
と、日本では当たり前のことですがお湯が温かいことも宿の売りになるようなゲストハウスでした。

1人部屋の個室でシャワー付きの部屋にしましたが、外の虫がたくさん入ってくるような宿でした。

その後、わたしはタイの生活にハマるのですがタイで暮らしてから
「ある程度のクオリティの場所でも住める免疫」
みたいなものを得ていました。

タイで出会った外国人の女性は強かったことにも驚きました。
カナダ人、オーストラリア人、アメリカ人、様々な国籍の人に出会いましたが、逞しく安いゲストハウスで楽しく暮らしていました。

さすがにあの宿は何かの修行のような宿だったので、2回目にタイへ行った時は、前回よりもお金を払って女性限定の綺麗なゲストハウスに泊まりましたが……

でも、あのバックパッカーのような(スーツケースで行きましたが)タイ暮らしがナローボート暮らしには活かされました。

次回もお楽しみに!
ナローボートを購入した直後の様子をYouTubeにアップしています。

イギリスの運河でナローボート暮らしをしている日本人はまだ少ないので、取材などもいただいています。
ブログにナローボート情報を更新しています。

ナローボート生活のYouTubeもアップしていますので、興味のある方はぜひご覧くださいね。

ブログが新しくなりました!

♦国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方
http://london-mei.com/

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る