イギリスでナローボート暮らし。 夫と運河で新婚生活Part.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

イギリスでナローボートを購入して、運河でイタリア人の夫と暮らしています。

スポンサーリンク







ロンドンのシェアハウスで妊娠すると大変⁉︎

ナローボート暮らしは、考え方によってはこれから妊娠を考えている夫婦、子どもがいるご家族にも向いている暮らし方なのかもしれません。
今回は、その辺りについて書いていきます。

ロンドン暮らしは大変⁉︎ 新婚夫婦でもシェアハウス⁉︎

ロンドンは家賃が高いので、結婚されてもシェアハウス(フラットシェア)しているご夫婦もいらっしゃいます。

私たちも昨年結婚し、今年の春までフラットシェアをしていました。

契約書の内容にもよりますが、一年契約であることが多いです。

例えば一年契約の場合、半年以上住まないで退去したい場合は6ヶ月分の家賃代とデポジットは返せない、半年以上~一年以内に退去したい場合はデポジットを返さない、など契約書に様々な内容が書いてあります。

わたしのシェアハウスは、半年以内に退去しても半年間の家賃は返さない、という契約でした。
また、最初に支払ったデポジットも返金できないということでした。

デポジットは900ポンドくらいだったので約12万円です。

ロンドンは世界で2番目に家賃が高いと言われています。
日本ならば、ロンドンのシェアハウスの賃貸料金で普通に2人暮らしができます。

Part.1にも書いていますが、イギリスでは部屋を貸す人に比べて、部屋を借りている人の立場が弱いです。
わたしは日本にいた時に、シェアハウス暮らしを経験したことがありますが、1ヶ月前に言えばデポジットを返してくれました。
大変良心的で、とても良い環境のシェアハウスでした。

ロンドンのシェアハウスで妊娠するとちょっと大変な理由

シェアハウス(フラットシェア)の契約が一年の夫婦で、もし子供を授かった場合は引っ越しをすると考えられます。

契約が1年間で、引っ越しをしてすぐに子供ができても赤ちゃんは10ヶ月後には出てきちゃいますよね。
2ヶ月間、もうちょいお腹にいて~とかできないですし。

また、契約が1年間のシェアハウスに住んでからすぐに授からなくても安定期に入って比較的にお腹が大きくなる前のタイミングで、2人だけで住むフラットに引っ越しを考える可能性もあります。

シェアハウスならば悪阻の時点でNGかも⁉︎


または、シェアハウスならば悪阻の時点でNGかもしれません。

悪阻がない場合、問題はないと思いますがトイレに駆け込まないといけないほどの重い悪阻の場合は、シェアメイトが嫌がる可能性もあります。
どこの国のどんな性格の人とシェアしているのかにもよりますが……。
日本と違い海外なので嫌なことは嫌だと主張する人もいるでしょう。

実際にわたしが住んだシェアハウスのシェアメイトはとても神経質で、キッチンの使い方指導をされたことがあります。

火を使う瞬間に換気扇を付けて! と言われました。
そしてすぐに庭の扉も開けて換気をしっかりするんだ!と。

少しでも忘れたらかなり怒られましたよ。

嫌なシェアメイトがいたら母体にも良くないですし、何かとシェアハウス生活は妊娠さんのストレスになる可能性はあります。

また、妊婦さんはトイレが近くなるので、シェアハウスだとトイレに自由に行けないので不自由かもしれません。

実際に、わたしが住んでいたシェアハウスは6人でユニットバスをシェアしていたので、トイレに行きたくても誰かがシャワーを浴びていたらトイレに行けませんでした。

妊婦さんは匂いにも敏感になることが多いので、シェアハウスだとシェアメイトが料理をしている匂いが気になることもあるかもしれません。

ロンドンのシェアハウス事情

契約方法やシェアハウスの人間関係にもよりますが、基本的にはエージェントを通している場合は、妊娠中は大丈夫だとしてもシェアハウスでは子育てはできないと思います。

また、デポジットも契約によって金額は違いますがデポジットを捨てなければ、どこかで美味しいご飯を食べにレストランに行く、または旅行にも行ける金額です。

実際にわたし達が支払ったデポジット金額で言うのならば、12万円が返ってこないことは大きいと思います。

そのお金があれば生まれてくる子どもの為に使いたいですよね。

このように、シェアハウス暮らしで妊娠をした場合、2人で住める場所に引っ越しをすることが基本です。

新婚夫婦の家賃の悩み

もちろん新婚夫婦でも、シェアハウスの環境が好きではないから2人だけでフラットに住むカップルもたくさんいます。

ロンドンのフラットは家賃代が高いので、共働きでないと家賃が払えないので今すぐ子どもを授かることは考えられない! というご夫婦もいます。

または、妊娠をしてもギリギリまで働く妊婦さんもたくさんいます。

妊婦さんに優しい? ナローボートの利点

この点、ナローボートの場合ボートを購入していれば家賃代は必要ありません。

家賃を払う為に稼がないといけない!という負担はなくなります。
悪阻が酷い場合は、お金のことを考えなくても体調に合わせて仕事を退職、仕事を減らしてもらうことも考えられるでしょう。

ナローボート暮らしでは、1年間に運河使用料と保険代として1000ポンド(2017年8月のレートで約14万円)を支払う必要はあります。

毎月1000ポンドではなく1年間に1000ポンドなので、家賃代と比較すればかなり安いと思います。

また、シェアメイトと暮らさなくて良くなります。
人間関係やトイレが空かない! などのストレスは無くなります。
運河の緑に囲まれた景色に癒されることもあるでしょう。

【ナローボートが子どものいる家族にも向いている具体的な理由】については次回お届けします!

お楽しみに!

イギリスの運河でナローボート暮らしをしている日本人はまだ少ないので、取材などもいただいています。
引き寄せの法則~プリンセスマインドブログにナローボート情報を更新しています。

ナローボート生活のYouTubeもアップしていますので、興味のある方はぜひご覧くださいね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る