イギリスでナローボート暮らし。 夫と運河で新婚生活Part.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前回の続きです。

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

イギリスではリタイア後にナローボートを購入して、運河で悠々自適な生活を楽しむ夫婦もいます。

スポンサーリンク







ナローボートでも洗濯はできる⁉︎

実は、ナローボートでも洗濯はできます。
ナローボートでもできる(と思われる)小さな洗濯機が存在しているのです。
洗濯機は購入しており、既にボートに積んでいます。
その為、洗濯はナローボートでする予定でした。
今は、ウォータータンクが壊れているのでコインランドリーで洗濯をしています。

ナローボート生活とコインランドリー


ナローボート生活をしている人はコインランドリーで洗濯している人も多いです。

イギリスのコインランドリーは行ってみてびっくりしたのですが、思っていた以上にお金が掛かります。

まず、洗濯機を使用するだけで5ポンド(2017年4月のレートで約680円)します。

それに加えて乾燥機を使用すると約270円はするので、1回の洗濯に千円くらい必要です。

最初はコインランドリーに通うことは大変そう!と思ったのですが、コインランドリーで見る人間模様が面白いので嫌いではありません。

スローライフを味わう


コインランドリーの店員さんが、洗濯機の蓋が上手く閉まらない時に、映らないテレビを叩くかのようにバシバシ叩く姿。

あと、コインランドリーの店員さんのことが好きな男性でしょうか?
よく彼女に付きまとっている人がいます。笑

わたしが持っているジュースを小さな外国人の子どもが、自分のジュースだと思ったのか引っ張る姿。
お母さんが子どもに『Not yours』と何度も言っていました。

入れ替わり立ち替わりと、誰かが来る姿を俯瞰して眺めている時間は自分に必要な時間の様にも感じます。

と、言っても洗濯が終わるまでの1時間半、待ちながら原稿を書く時もあります。
その為、何かと手を動かしています。

ナローボート生活はスローライフだと言いますが、このような何でもない一面もスローライフの一部なのでしょう。

普通の生活では洗濯機が壊れない限り、なかなかコインランドリーに行く機会もないですから。

やはり、ナローボート生活は味があるなぁと思います。

ナローボート暮らしで夢が広がる

ナローボートに暮らすようになってから、新しい夢(夫婦の将来の目標)なども話すようになりました。

ロンドンは家賃が高いので、金銭的な負担が減ったことは大きいです。

ナローボート暮らしをしてから、ますます気持ちが【自由】になったと思います。

好きな仕事だけを選んでできるようになりました。

わたしは20代の頃は結婚に憧れがなく、どちらかというと結婚に対して冷めているタイプでした。

結婚したら独身のように自由ではいので〝夢を追いかけにくい〟と思っていました。

しかし、結婚してからの方が、夫婦で自由を手に入れて2人の夢が膨らんでいくことを知りました。

この続きは次回!
お楽しみに!

イギリスでナローボート暮らし。夫と運河で新婚生活Part.15

この記事の続きはこちら

イギリスでナローボート暮らし。 夫と運河で新婚生活Part.15

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る