イギリスでナローボート暮らし。 夫と運河で新婚生活Part.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ナローボートのカーテンを探して

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。

 

前回、DIYについてお話しました。
今回は、ナローボートの作業で1番知恵を絞り、どうするかを考えた作業についてお伝えします。

スポンサーリンク







ナローボートはカーテンが大変⁉︎

ナローボートを購入した時に、前のオーナーさんがカーテンを付けてくれていました。

しかし、全部の窓にはカーテンが付いておらず生地も1つの柄に統一されていませんでした。

夫曰く、カーテンのサイズが窓よりも小さいから気になるとのことで、カーテンを新しくする提案が出ました。

まあ、確かにカーテンが窓より小さいということは、カーテンがカーテンの機能をイマイチ果たしていないことにはなります。

夫とナローボートの件で、話し合うことが1番大変だったことがカーテンについてでした。

ナローボートのカーテンは、ナローボートへ引っ越しをする前に(または、引っ越しをしてすぐに)済ませておきたいことの1つでした。

しかし、カーテン生地を今年の1月に夫と一緒に探しに行きましたが、気に入った生地が見つかりませんでした。

ロンドンでカーテンの生地を探す

家から1番近い生地屋さんは、イスラム教徒の女性の服の生地がメインで売られていました。

鮮やかな色の生地はあったのですが、ツルッとしたテロテロっとした素材の生地で〝カーテン〟という感じではありませんでした。

この時に、ロンドンでは生地屋さんのひとつに行くだけでも、情報をしっかり集めないといけないことを学びました。

日本の大型手芸用品店のように
〝行けば欲しいものが見つかる!〟
というような環境ではありません。

それからわたしは、イギリスでファッションの仕事に関わっている日本人男性にオススメの生地屋さんを教えていただきました。

まだ教えていただいた生地屋さんには行けていないですが、近日中にカーテンを選びに足を運びたいと思っています。

ナローボートのカーテンはなかなか手間の掛かる作業

このように、ナローボートのカーテンはなかなか手間の掛かる作業だということを経験します。
その間にも、夫婦で【カーテン会議】を何度かしました。

ナローボートのカーテンについて夫と話し合っているうちに気が遠くなり、会話中に
『ちょっと横になっていい?』
と眠ってしまった休日の昼もありました 笑

なぜならナローボートのカーテンは、特殊なサイズで、10枚も必要だからです。

窓の縦幅は50センチで統一されていますが、横幅は155センチ、125センチ、95センチ、80センチ、60センチと幅が違います。

ナローボートのカーテンの裁縫はわたしの仕事?

カーテンに関しては、夫は裁縫ができないので買い換えるならばわたしが関わる仕事になります。

わたしがナローボートのカーテンの裁縫をすると、大変な作業だと想像ができます。

ズボンの裾上げ程度ならば針と糸があればできますが、さすがに10枚のカーテンを手縫いではできないと思いました。

『もともとあるカーテンでいいじゃん!』
と【カーテン会議】の時に夫に伝えた日もありました。

10枚のカーテンにはミシンが必要⁉︎

さすがに10枚のカーテンの手縫いは大変なので、ミシンが必要です。

そうなると、ミシンはどうするのか? ということを考える必要があります。

ナローボートの前のオーナーさんは、ミシンで手作りのカーテンを作っていたと想像ができます。

ナローボートを購入した時には取り下げられていましたが、最初にボートの下見に行った時に、古いミシンが置かれていたからです。

また、カーテンのクオリティからしても(カーテンのサイズが窓よりも小さい)、プロの作業ではないことは一目瞭然です。

前のオーナーさんは女性です。

可愛いカントリー風の内装をされていたので、DIYを楽しみながら真夏のイギリスの運河にナローボートを走らせて、スローライフを楽しまれていたのだと思います。

お金には余裕があり、長期休暇に旅を楽しむためにナローボートを購入されて、家は他にあったと想定しています。

ナローボートのカーテンは、市販のカーテンとサイズが合わないので、以下のような選択肢をする必要があります。

ナローボートのカーテン(DIY)

①ブラインドを付ける
カーテンではなく、ブラインドを利用している人もいます。
②手作りのカーテン
普通のカーテンとサイズが違うので、手作りでカーテンを作る人も多いです。
カーテンレールがないので、自分でワイヤーを貼るなどして工夫をする必要があります。
③スカーフなど、何かの布を工夫して窓に覆う
わたし達は、応急処置として英字新聞を貼り付けています。

新発見! スコットランドで引き寄せた◯◯な方法

ナローボートに関しては天井の張り替えなど、カーテン以外にもやることはたくさんありました。

夫婦で仕事をしながら、休みの日にナローボートを触る生活をしていたので、作業はあまり進みませんでした。

4月に日本へ一時帰国して、両親に夫を紹介してウエディングフォトを撮影する予定にしていました。

しかし、ビザ申請をしていた為、ホームオフィスからパスポートを返してもらえず、日本帰国は延期になりました。

日本への帰国ができないことはとても残念でしたが、新婚旅行も兼ねて国内旅行ができるスコットランドで4泊5日を楽しみました。

わたしは旅行中、スコッチ・ウイスキーや観光に夢中だったのですが……。

なんと‼︎

スコットランドで、ナローボートのカーテンを作る簡単な方法を引き寄せたのです!

この続きは次回!
お楽しみに!

 

スコットランド4泊5日の旅情報はこちらです。

イギリスでナローボート暮らし。夫と運河で新婚生活Part.13

この記事の続きはこちら

イギリスでナローボート暮らし。 夫と運河で新婚生活Part.13

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。愛に引き寄せられて、現在、イギリスで婚活中のめいです。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る