びっくり仰天!イギリスでは熱が出たら身体を冷やす!?国際結婚あるある事情!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イギリスでは熱が出たら身体を冷やす

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。
イギリスのマタニティーライフはこちらにまとめています。

今回は、びっくり仰天!イギリスでは熱が出たら身体を冷やす!?国際結婚あるある事情!です。


♡人気記事♡
日本で購入できる!イギリスで大人気の妊娠線対策〝Bioオイル〟
わたしが実際に妊娠して実際にイギリスのAmazonで購入したもの


スポンサーリンク







高熱&感染、入院しているのでゆっくり休めます

火曜日の夜から体調が悪いと思っていたら高熱があり、感染症でした。
あまりにも体調が悪くて夫に
「わたしが死んだら息子をよろしく」
と伝えました。
ま、実際には死ぬ程のことではないとは思ったけど、腹痛の不快感が陣痛より酷いんじゃないかって感じでした。
身体が動かないし寒気がするし明らかに体調が悪かったです。
と思ったら38.4度の高熱がありました。

イギリス人は高熱の人を冷やそうとする!?

寒い寒いとブルブル震えているのに、イギリス人って高熱の人を冷やそうとするんですよ(O_O)

寒いんだってば!:(;゙゚’ω゚’):

イギリス人の看護師さんが窓を開けようと冷やそうとするので夫が
「妻が寒いというから窓を閉めました」
と説明してくれました。

さすが夫だ!よく理解してくれている!

と思ったら看護師が去った後で、
イタリア人の夫が

「熱があるなら水でシャワーしたほうがいいよ」
とわたしにアドバイス。

:(;゙゚’ω゚’):!!!

わたし「水!?」
夫「ぬるま湯かな。完全に水でなくて大丈夫だけど、冷たい水で身体を洗うと熱が下がるよ」
とのこと。

だから、わたし、熱で寒いんだってば!(O_O)

ヨーロピアンは身体を冷やすと熱が下がるっていう考え方なんです。
熱が37度台に下がったタイミングで、かなり身体はダルかったけれど水ではなく温かいシャワーを浴びて汗を流しました。
昨日は、そんな高熱に気づかずお腹が痛いながらに息子の育児をしていました。
夫が仕事休みだったので夫に色々やらせたかったけど、昨日は2人で息子を沐浴する日でした。
ギャーギャー泣き叫んで本気で嫌がる息子を沐浴させて、その後もダルかったけれどママは頑張りました。
夫も頑張ってくれるんだけど、限界があるんだなぁ。
というのも、おっぱいがあるのはわたしだから、結局わたしがいなきゃ授乳ができないです(O_O)
粉ミルクもあげているけど、胸が張るから日常で授乳が必須になっています。
息子の大好物はママのおっぱいだからな。
こればかりはわたしにしかできない。
フラフラする中、授乳して夜に限界を感じて医師が駆けつけてきて触診、尿検査と血液検査をして感染症と判明しました。
入院は意外と快適です。
まず、作らなくてもご飯は出てくるし、洗い物しなくてもいいし、洗濯機も乾燥機も無料だし。
部屋は個室で掃除はクリーナーさんがやってくれるし、息子のお世話も看護師さんが手伝ってくれるし。
買い物にも行かなくていいし。
Wi-Fiもあるし。
家(ボート)にいるより快適です。
たくさんご飯を食べて、たくさん洗濯をしています。
医師が入院させたので、全て無料なのでその辺りもイギリスはすごいなと思います。
出産してから明らかに免疫力が下がっています。
ちょっとしたことで、体調がすぐに悪くなっています。
しばらく病院にお世話になります。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
仲谷 めい(NAKATANI MEI)

仲谷 めい(NAKATANI MEI)

ブログを読んでいただきありがとうございます。ツインソウルを感じ、愛に引き寄せられてイギリスへ。翌年の2016年にロンドンでイタリア人男性と国際結婚。 スピリチュアルサイト「TRINITY」で連載中。 取材多数•著者プロフィール詳細はこちら☆ このブログを最初から読みたい方はこちらからどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

著書


0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!

英国Kindleからの購入はこちら

世界中のKindleから購入できます。

その国のKindleに「mei nakatani」と検索してください。

タイトルは英語ですが、中身は日本語で日本のKindleと内容は全く同じ内容です。

スピリチュアルサイト連載

header-trinity
こちらから無料でスピリチュアルサイト・トリニティWebの仲谷めい連載記事が読めます。 http://london-mei.com/trinity

応援ボタン

〝国際結婚生活〜パバンめいのロンドンの暮らし方〟
応援ボタン押していただけると励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

イギリスのホテル情報

チェンマイ英語留学サイト

1214_3-2

アーカイブ

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページ上部へ戻る